黒酢でサッパリ!豚の角煮&とろとろ豚足
f0367103_12175846.jpg



(つくりやすい量)


・豚バラブロック肉 550g
・豚足 1本(450g)
★しょうが(スライス) 2~3片
★白ネギ(青い部分) 2本分
・水:酒 1:1の割合で合わせたもの

☆酒 2/3カップ
☆水 2/3カップ
☆醤油 1/2カップ
☆黒酢 大5
☆きび砂糖 大4



・卵(水から7分茹でて半熟卵にしておく) 2~3個

・白髪ネギ、パクチーなど 適量


1.活力鍋に豚ばら肉(大きい場合は半分に切る)、豚足、★を入れて
水と酒を1:1で合わせたものを肉が浸るくらいまで入れる。

強火で加熱すし、沸とうしてオモリが振れはじめたら、
弱火にして20分加熱。火を止めて余熱調理する
(時間は手持ちの圧力鍋によって違うので調節を。)
d0159822_18264838.jpg



自然にピンが下がったら蓋を開け、ネギとしょうがは捨てる。
ゆで水につけたまま、30分以上置く。


d0159822_1827524.jpg


2.煮込み用鍋に★をいれて中火にかける。煮立ったら
下茹でされた豚肉、豚足をいれる。

※下茹での茹で汁はここでは使わないが、
別でとっておいて他でスープなどに利用すると良い。冷蔵庫で冷やすと
表面に脂が浮いて固まるので、それを取り除いて
スープやダシ等の料理に使う。



アクを取りながら煮る。
d0159822_18272069.jpg



3.蓋はしなくていいので、煮汁が1/3位になるまで煮詰める。
d0159822_18281768.jpg


4.卵は水から7分茹で、しっかり氷水で冷やして殻を剥く。
(かなり柔らかめの半熟なのでつぶさないように丁寧に殻をむく。
もう少し固めがお好みなら水から9~10分)


粗熱が取れた③に卵をいれ、時々卵の上下を返しながら
半日~1日置いておく。
※時間がなければすぐ食べてもOK
d0159822_18282841.jpg



食べる直前に再び温め、
食べやすい幅に切り、白髪ネギ・パクチーなどを添えてかんせい!




トロトロに煮えた豚肉・・・
黒酢はへんな酸味もなく、さっぱりと甘く仕上がる。
d0159822_18285136.jpg



そしてもっとすごいトロトロ・・というより、プルプル?
こちらは細ネギをちらし、辛子をそえて!
d0159822_1829189.jpg


うーん、プルプルというより、もはやブリンブリン?
d0159822_18291296.jpg



チャースケ、角煮と豚足を交互に一心不乱に食らいつく・・・。(夢のようだね)
d0159822_18292379.jpg




そして、やさしいおれは
角煮に合わせて花巻も作ってやった。
蒸したての花巻はフワフワで、角煮の濃厚なタレとよく合う。
d0159822_1830126.jpg


チャースケ、調子にのって花巻も8個完食・・・





やっぱり太らせているのはおれのせいだろうか・・・・




[PR]
# by mittunmittun | 2017-01-31 12:21 | レシピ | Comments(0)
牛すね肉と大根の韓国風スープ oishii
f0367103_12241196.jpg


(約2人前)
・牛すね塊肉 300~400g
・塩、胡椒 各少々

☆水 3カップ
☆大根(3cm幅に切る) 1/2本
☆にんじん(乱切り) 1本
☆白ネギ(青い部分) 2本分
☆しょうが(薄切り) 1片
☆塩 小1/2

◎赤唐辛子(乾燥) 1本
◎醤油 小1
◎ごま油 小1/2
◎酒 1/4カップ
◎米酢 小1

①牛すね肉は4~5等分に切り、塩と胡椒を全体にまぶして10分ほど置く。

②圧力鍋に①と☆を入れて牛すね肉が柔らかくなるのを目安に加圧する。
(手持ちの圧力鍋に従ってください。うちの活力鍋の場合、高圧弱火で15~20分、
その後ピンが下がるまで自然放置)


こんなかんじに野菜がとろとろに煮え、肉が柔らかくなったらOK
d0159822_1743136.jpg


③にんじん、ネギを取り除き、煮汁ごと鍋に移す。◎を入れて軽く煮て完成!
d0159822_1744532.jpg


ほとんど放っておけばできる簡単スープ。



でも、旨みはたっぷり染み出ている。


大根はとろとろ~
d0159822_1752654.jpg


牛すねはホロホロ~
d0159822_1753545.jpg



半分ほど飲んで楽しんだら、ご飯を入れてクッパ風に
キムチも忘れずにね
d0159822_1754745.jpg



圧力鍋が無い人は、ひたすらコトコト煮ると良いです。
水を継ぎ足しながら4時間ほどだろうか・・・


時間があればそれも楽しいです。


おれは圧力鍋が好きだけどね・・・


★★★インスタグラム&ツイッターのおしらせ★★★みなさん、たくさんのフォローありがとうございます!ブログでは見られないリアルタイムなことなど色々あっぷしています。まだフォローしていないひと、インスタしてないけどやってみようとおもってるひと、どしどしフォローしてミットゥンワールドを広めてくださ~い!
d0159822_1259628.jpg

Instagram→ここをクリック!


               


★ヘイヘイ、しつこく売ってるぜい★ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ ←クリック!
d0159822_12455074.jpg

販売中だよホ~ン



★おしらせ★
レシピブログの寄せ集めレシピ本(←失礼)のサンドイッチ特集のやつに
わしのレシピが1個だけ載っているよ。まぁブログで紹介してたやつだけど。
興味ある方はぜひ!
f0367103_12272286.jpg



[PR]
# by mittunmittun | 2017-01-23 12:25 | レシピ | Comments(0)
コラム ~マジ歌ライブ相棒さがし~
その後、2枚取ったうちの1枚を、誰と行くかを決めていなかった。





『絶対だれか行きたいやつがいるだろう』くらいの気持ちでとりあえず2枚取ったのだが


だいぶ日も近づきつつあるので、
一緒に行く人を探しはじめた。


しかし、
みな興味が無いのか




コイツはもちろん
f0367103_12305174.jpg

木曜日と言う意味わからない平日のせいなのか
f0367103_12503088.jpg
f0367103_12305511.jpg
f0367103_12505432.jpg

悉く断られる。

苦し紛れに全然仲良くない人もさそっちゃったりしたけど
それすら断られる。
f0367103_12511780.jpg

なんでや・・・マジ歌ライブなんて、3倍くらいの値段出しても行きたいもののはず・・・




おかしい。
みんな頭おかしい。
絶対チケットなんて取れなかった人がいっぱいいるはずだ。


しかもおれのこの超どまん前の1階席なんて
絶対に悪いやつらが高値で取引してるはずだ!

と叫んでいたら
「じゃあチケキャンで相場調べれば?」と言われた。

ちけきゃん・・・・
ああ!あの
小島なんとかがCMしていた
f0367103_12512970.jpg




チケキャンとは、コンサートやライブなどのチケット専門のフリマアプリらしい。

行けなくなった人などが他の人に譲るために作られたサイトなんだろうけど
はなから儲けようと思ってやってるやつらも多い気がする。



さっそくマジ歌ライブ2017チケットで調べて見てみると、
出てくる出てくる。



しかも、やはり驚きの値段がついている。
2階席のくせに1枚10000円以上でどしどし出ている。
(本当は1枚8000円)

内心、(2階席の分際で金儲けしやがって・・・)とおもっていたが
もしここにおれのこの1回のどまん前席を出したら
1枚でジツは元が取れちゃうんじゃないか・・・と、(売らないけど)似た席で出品している人を探すと、
同じブロックの席で、おれよりちょっと後の列で
1枚30000円で落札されていた。
f0367103_12515805.jpg

ま、まじか・・・

一瞬2枚とも売ろうかとおもったりしたけど、

いやいや。そんなことはしません。
(ろくまんえん欲しい~)




もし1枚だけ売ったとして、当日横に売ったやつが来ると思うと
なんとなく気恥ずかしい。





すげー気持ち悪いやつだったら嫌だしな。





チケキャン・・・おそるべし・・。


[PR]
# by mittunmittun | 2017-01-21 12:48 | コラム | Comments(4)
ミートソースマカロニサラダ
f0367103_12345022.jpg


(2人前)


・早茹でマカロニ 40g
★EVオリーブオイル 大1
★塩、黒胡椒 各適量

・きゅうり 1本
・塩 適量

◎ゆで卵(粗みじん切り) 1個
◎ミートソース 大3強
◎マヨネーズ 大1


1.きゅうりは薄切りにし、全体に塩をして10分ほど置く。
水分が出てきたらペーパーかさらしに包んでぎゅーッと水気を絞る。

d0159822_12542969.jpg


2.マカロニは茹でてざるに明け、水気を切って★をまぶしておく。

d0159822_1256386.jpg


3.ボウルに2と◎を入れよく和える。全体が混ざったらさらにきゅうりをいれて
よく和える。
味を見て、足りなければ塩、胡椒で調整する。
d0159822_12565378.jpg


4.器に盛り、あればカイワレなどを飾って完成!


ミートソースパスタを、手軽なおつまみサラダにアレンジ。

過去何度もいうようだが、こういうマカロニパスタには本物(?)のマカロニではなく
早茹でのチンケなパスタを使ったほうが具合が良い。
d0159822_12592650.jpg


ミートソースで和えるだけなので、きっとバカでもできます。

卵は固ゆでにしすぎず、かといって半熟にしすぎず

水から11分半くらいがちょうどいい。

オリーブとか入れてもよかったなぁ。

ぜひみなさんもおためしあれ~

[PR]
# by mittunmittun | 2017-01-20 12:50 | レシピ | Comments(0)
コラム~魔法のニベアリップクリーム~
毎日寒い。

昨年、寒すぎる家で、日中の暖房はコタツだけにしていたら
秀次郎とフーちゃんが大変なことになり
特に秀次郎がとんでもない猫風邪になってからは
ずっとエアコンをつけっぱなしにしている。

おかげで今年は、電気代が月3万というオソロシイ値段になってしまったが

それでも秀次郎とフーちゃんが風邪をひかず快適に過ごせているなら
安いもんである。


しかし、おれはもともとエアコンは得意ではない。

乾燥するし、気持ち悪くなってくる。

だんだん慣れてきたものの、寝室は加湿器が無いと
夜に息苦しくて目が冷める。

そんな家にいると、おれもチャースケもカッサカサになるのは当たり前で


あるとき、チャースケが


f0367103_12192665.jpg

と、またニベアの、今度はリップクリームを買ってきた。(※チャースケはニベア信者


しかも、ハチミツ入りらしい。


さっそく塗りたくるチャースケ
f0367103_12193100.jpg




半漁人みたいにテッカテカの唇になり、本人はとても満足げであった。


心の底から気持ち悪いな、と思ってしばらく放っておいたのだが






チャースケは毎日

f0367103_12193691.jpg








毎日
f0367103_12194050.jpg


欠かさずこのニベアのリップクリームを塗り続けていた。




すると、だんだんチャースケの唇がモッチモチの潤いのある美しい唇に変貌を遂げているではないか。




(す、すげえ・・・)


と、ちょっと気になったおれは


こっそりこのニベアのリップクリームを塗ってみた。

f0367103_12194821.jpg





するとどうでしょう









f0367103_12195308.jpg


この乾燥で厳しかった毎日が、
リップクリームを塗っただけで
呼吸すらしやすくなった(ような気がする)。





これはわしも欲しい、と
早速薬局に行き、ニベアのリップクリームを買った。



早速ぬってみたが、なぜか、なんとなく違う気がする。



あの感動が無い。



普通のリップクリームという感じである。
f0367103_12284652.jpg




帰ってチャースケのニベアのリップクリームと比べると


同じニベアでもなんかパッケージも太さも(全然)違っている。
f0367103_12285025.jpg



なんでこんな色々種類があるんだ。紛らわしい。1つに絞れよ!バーカ



と思いながらもう一度薬局に行き、今度は同じものを買ってきた。




塗りながら「おぅ、これこれ」と、ようやく満足したのもつかの間





翌日この買いなおしたほうのリップクリームは行方不明になり



ふたたび買いにいくはめに・・・





ニベアリップクリームにいくら投資したらいいのだろう。




別に、回し者じゃないですよ。









f0367103_12424698.jpg

あなたもおひとつどう?





[PR]
# by mittunmittun | 2017-01-19 12:43 | コラム | Comments(2)
スープだくだく!小籠包
f0367103_12153289.jpg


【皮】

・薄力粉 130g
・強力粉 20g
・塩 小1/4
・水 75~80g

【餡】

☆豚挽き肉 260g
☆玉ねぎ(みじん切り) 70g
☆生姜(みじん切り) 30g
☆塩 5g
☆黒胡椒 少々
☆きび砂糖 大1
☆味の母 大2/3 ※無ければみりん
☆醤油 大2/3
・ごま油 大1.5
・極上鶏スープ 120ml


<ゼリーにするスープ>
◎極上鶏スープ 160g
◎塩、醤油 各少々
・板ゼラチン 8g


・しょうが(針生姜にする) 適量
・つけだれ(黒酢、みりんを混ぜたもの) 適量



1.皮を作る。作り方の手順はココ参照
d0159822_17451111.jpg





2.鶏スープゼリーを作る。
板ゼラチンは水で2分ほどふやかす。
鍋に◎を入れ沸騰直前で火からおろし、ふやかした板ゼラチンを入れて
ゼラチンが溶けるまでよく混ぜる。

ボウルに入れて1時間ほど冷蔵庫で冷やし固める。
d0159822_1735147.jpg


3.餡を作る。
ボウルに☆を入れ、ボウルの底に氷を当てて冷やしながら練り混ぜる。


4.鶏スープ(120ml)を数回に分けて入れ、混ぜる。
d0159822_17352591.jpg


5.ごま油を加えて混ぜる。さらに、固まった鶏スープのゼリーを網で漉して入れ混ぜる。
d0159822_17354457.jpg


6.ラップをして冷蔵庫で1時間冷やす。
d0159822_17355551.jpg



7.台に打ち粉(薄力粉・分量外)をふって1の生地をを軽くこね、俵形に整える。
上下に転がしながら直径2cmの棒状にのばす。
1つ13gになるように切り分ける。
d0159822_17344219.jpg


8.切った断面を上にして置き、打ち粉をして
親指の付け根あたりで軽く押して平らにし、麺棒を使って丸く薄く伸ばす。
(直径7~8cmくらい。中心部は少し厚くするように伸ばす)

※伸ばした皮には打ち粉をたっぷりしたほうがいい。
時間が経つとくっついてはがれなくなるので注意。

餡を25gとって皮をひっぱり上げるようにしてヒダを作って包む。
d0159822_1736766.jpg


9.せいろにオーブンペーパーを敷き、蒸気の上がった蒸し器で
7~8分蒸す。




蒸しあがったらすかさず食卓へ!!

薬味のしょうがとタレを用意しておこう。
d0159822_17364955.jpg


半透明の皮の中に、スープがたまっているのが見てわかる!



本場の食べ方とは、まずはれんげにのせて・・・

皮をやぶって、スープを飲むそうです。



せっかくスープをこぼれないように包み込んだのに、
わざと破るんです!

まさにドSの行為!



そんで針しょうがをのせて、たれをちょっとかけて
お口の中へ!


d0159822_17372827.jpg


なるほど、これなら口の中がやけどすることも無いんだね。

でもおれは思うが、ショーロンポーのたのしさは
あの熱々のスープが口の中ではじけることなんじゃないか?


これはドMの意見か?

おれはMだったのか?


ま、食べ方はご自由に。


皮を包むのが難しいが、ぜひ試す価値アリ。
[PR]
# by mittunmittun | 2017-01-18 12:19 | レシピ | Comments(0)
スパイシーフライドチキン
f0367103_12402715.jpg


(4個分)


☆鶏もも肉(4等分に切る) 1枚(200g)
☆塩麹 大1 ※無ければ塩小1弱+酒大1
☆にんにく(すりおろす) 1片
☆こしょう 少々

★パン粉 1カップ
★カイエンペッパー(粉唐辛子でOK) 小1/2
★黒こしょう 小1/4
★フライドガーリック 大1
★オニオンパウダー 小1/2
★白ゴマ 小1
★グリュイエールチーズ 20g



1.ポリ袋に☆をいれ、手でよく揉みこみそのまま30分~1時間ほど置く。
d0159822_19192827.jpg


2.フードプロセッサーに★をいれ攪拌する。
d0159822_19193849.jpg


3.1.の表面に2をしっかりまぶしつける。
d0159822_19194942.jpg


4.中温の油で2分半~3分ほど揚げ、いったん取り出して1分ほど置き、
油の温度を上げて表面がカリッとなるまで揚げる。

5.余分な油をしっかり切って完成!




スパイシーなカリカリから揚げ
d0159822_19201860.jpg


あればクレソンなどを添えて~





表面はカリカリ、中はジューシー
d0159822_19204583.jpg



毎度言うが塩麹パワーはすごい。すごい柔らかさ。


衣にしっかり味がついているので、そのままでOK。

冷めてもさくさくなので弁当にもよし。


スパイシー好きなひとはぜひおためしをー!

[PR]
# by mittunmittun | 2017-01-17 12:41 | レシピ | Comments(0)
ふわふわつくね
f0367103_12241802.jpg

(4本分)
・玉ねぎ(ざく切り) 1/2個

☆鶏胸肉(ひき肉) 125g
☆鶏もも肉(ひき肉) 125g
☆はんぺん 60g
☆塩 小1/2
☆オイスターソース 小1/2
☆醤油 小1/2
☆きび砂糖 小1/2
☆生姜 1片
☆にんにく 1片
☆片栗粉 大1
☆卵白 1個
☆黒胡椒 少々

・ごま油 小1
・酒 1/2カップ
★醤油 大1.5
★味の母 大1.5
★酒 大1.5
★アガベシロップ 大1

・割り箸(15cmくらいの長さに短くなるように折る) 4膳

・アサツキ(小口切り) 適量
・白ゴマ 適量
・卵黄 1個


1.玉ねぎをフードプロセッサーにいれ、小刻みに回しながら粗みじん切りにする。
※細かくしすぎないように注意!!



2.①の玉ねぎを出し、さらしかキッチンペーパーに包んでしっかり水気をしぼって
ボウルに入れる。
d0159822_2032546.jpg


3.同じフープロに(洗わなくて良い)☆を入れ均等になるまで混ぜる。
d0159822_2033570.jpg



4.②のボウルに③を入れ、手でよく混ぜる。
割り箸の周りに生地を手で空気を入れないようにつけ、俵型に整える。
d0159822_2033229.jpg


5.フライパンにごま油を熱し。④を転がしながら焼く。


6.表面に焼色がついて固まってきたら、★を回しいれ
蓋をして30秒~1分ほど蒸し煮状態にする。

蓋をはずし、煮汁を煮詰めながら全体に絡ませる。
(煮汁がほとんど無くなるまで)
d0159822_20335259.jpg



7.器に盛り、アサツキ、白ゴマをふって
卵黄を添えて完成!



1本でもかなりボリュームまんてん。
d0159822_20342078.jpg



卵黄をよーく絡ませて・・・


d0159822_20342744.jpg



なんといっても、そのフワフワ感がたまらない1品。
ポイントは言わずもがな「はんぺん」である。

d0159822_20344125.jpg



もちろん、棒につけないで
小判型にして焼いてもいいし、余ったタネは味噌汁などに入れても
またおいしい。


簡単なので、ぜひおためしを~!
[PR]
# by mittunmittun | 2017-01-16 12:26 | レシピ | Comments(2)
ひとくちバナナシナモンパイ
f0367103_12542304.jpg


(12個分)


☆薄力粉 110g
☆全粒薄力粉 40g ※無ければ薄力粉でも可
☆塩 小1/3
☆きび砂糖 40g
・バター(1~2cm角に切る) 55g
・冷水 大2

・バナナ 1本(120gくらい)
・チョコレート 適量
・黒糖(粉末) 適量
・シナモン 適量
 

1.フードプロセッサーに☆をいれ、全体が混ざるように
ざっと混ぜる。
バターを入れ、ガッガッっと小刻みにまわし
全体がサラサラになるまでまわす。
d0159822_2048448.jpg


2.冷水をいれガーーーッと、まとまるまでまわす。
(初めはまとまらないが、だんだんまとまるので水を加えたりしないで
まわし続けよう)

このくらいにポロポロになって、手でつまんだら
くっつく位になったらOK。
d0159822_20485686.jpg


3.取り出してひとつにまとめ、30分~1時間ほど冷蔵庫で寝かす。
(どーしても面倒なら寝かさなくてもOK)

4.生地を長く筒状に伸ばし、12等分に切る。
バナナも同様に12等分に輪切りにする。
d0159822_2049759.jpg


5.台に打ち粉(小麦粉)を少々ふって、切り分けた生地を1つ
直径12~13cmくらいに丸く伸ばす。

中央にバナナをのせ、黒糖小1/2ほど、または
チョコレートをひとかけのせる。

これは黒糖バージョン
d0159822_20492365.jpg


これはチョコレートバージョン
d0159822_20493827.jpg


両側を空気がなるべく入らないように折りたたむ。
d0159822_20495285.jpg


さらに前後も折りたたみ、綴じ目を指でつまむようにとじる。
d0159822_2050590.jpg


6.綴じ目のあるほうを下にしてオーブンシートをした天板の上にのせ
フォークで表面に穴を開ける。
シナモンをうえからふりかけ、190度に予熱したオーブンで25分焼く。
d0159822_2050183.jpg


かんせい!
中が熱々を食べるもよし、冷ましてサクサクのを食べるのもよし。




熱いコーシーと一緒にどうぞ。



穴からとろけ出た黒糖、チョコレートがまたシナモンと混ざり合って
良い香り!
d0159822_20514387.jpg


中のバナナはもうトロットロ!ジャムのようだ。
さすが、バナナとチョコは黄金コンビ。
d0159822_20515475.jpg


いやいや、黒糖も負けてない。
黒蜜化した黒糖は、外側にあふれ出たとこが飴のようになって
もう、そこの食感がたまらん!



もう、ほんとにおいしいから
是非作って欲しい。
そしてやっぱり熱々を食べて欲しい。

もちろん冷めても美味いが、特にチョコなんて
トローーーっとトロけ出たトコを食べたら
幸せすぎて
もう、なんか申し訳ない気持ちにすらなってくる。

冷めたものは、ワインのツマミに。
これまたおいしい。

朝からこんな良い香りがしたら
いくら寝起きが悪いやつでも必ず起きてくるであろう。

パイやクッキーの焼ける匂いというのは
人々に幸福をもたらす。

さぁ、明日の朝はアナタの家も
幸せな香りで包んでみよう!
[PR]
# by mittunmittun | 2017-01-11 12:54 | レシピ | Comments(0)
プリプリ海老水餃子
f0367103_12402580.jpg
(25~30個分)

☆餃子の皮 20~25枚 ※作り方はココ参照

★豚肉 75g
★牛肉 75g

☆酒 大1
☆醤油 小1
☆水 大2
☆塩 小1/2
☆胡麻油 小1
☆アガベシロップ 小1/4 ※はちみつでも可
☆黒胡椒 少々

◎キャベツ(みじん切り) 100g
◎ニラ(みじん切り) 50g
◎白葱(みじん切り)  1/2本
◎しょうが(すりおろす) 1片

・海老(ゆでる) 7尾


《タレ》
△パクチー(みじん切り) 2束
△白葱(薄切り) 1/3本
△だし醤油 大1
△醤油 大1
△酒 大1
△米酢 大1
△アガベシロップ 大1/2
△ラー油 大1
△豆板醤 小1/4~1/2 ※好みで
△黒胡椒 少々
△フライドガーリック(手で砕く) 適量




1.海老は茹でて殻を剥き、身は1cm幅にぶつ切りにする。
頭に残ったミソを搾り出してボウルに入れる。
そのボウルに◎をいれておく。

2.フードプロセッサーに★をいれ、ミンチ状にする。(または包丁で細かくミンチ状にたたく)

3.別のボウルに②をいれ、☆をいれて粘り気がでるまで
混ぜ合わせる。

4.①と②をまぜ合わせ、菜ばしで全体を混ぜる。
d0159822_21274681.jpg



5.餃子の皮に④をのせて包んでいく。
d0159822_21271789.jpg


6.タレの材料はすべて混ぜ合わせる。

7.沸騰した湯に⑤をいれ、ゆでる。
※一度に沢山ゆですぎないように注意


皮が透き通って、餃子が浮かんできたらOK!
d0159822_21281577.jpg


⑧器に茹で汁ごとよそって、タレを添えてかんせい!
d0159822_21282771.jpg



プリンプリンの透き通った皮が、いかにも美味そうな空気を出している。


タレをのっけて・・・


しょくすべし!
d0159822_21292428.jpg



皮がプリプリーン!
ジュワーッと中から汁があふれ、海老の歯ごたえがアクセントに。


今回はタレにこだわった。
ピリ辛でパンチの効いたこのタレ、最高だ。


半分は焼き餃子にしたが、今日は水餃子に軍配が。

ちなみに、水餃子のときは絶対に皮は手作りで!

焼き餃子は市販の皮でもそれなりに美味くできると思うが、
水餃子だけは手作りじゃないとこの食感はだせぬ。



[PR]
# by mittunmittun | 2017-01-08 12:40 | レシピ | Comments(2)
チョコバナナワッフル
f0367103_12355803.jpg



(ワッフル4個分)


《ワッフル》
☆準強力粉 120g
☆きび砂糖 50g
☆塩 小1/4
☆ベーキングパウダー 小2
・バター(1cm角切り・室温において柔らかくしておく) 30g
・卵 1個
・豆乳 大1

《トッピング》

★ココアパウダー 大2
★アガベシロップ 適量 ※メープルシロップでもOK

・バナナ 1本
・アメリカンチェリー 10個
バニラアイスなど 適量

1.ニーダーかフードプロセッサーに☆をいれ、ざっと混ぜる。
d0159822_1952959.jpg



2.卵と豆乳をいれて混ぜ、さらにバターを入れて滑らかになるまで
まぜる。



3.ワッフル用の型に薄く油(分量外)をぬり、②を1/4量づつのせる。
d0159822_19524343.jpg



4.挟んで弱火で両面3分づつ焼く。※時々開いて様子を見る
d0159822_19532883.jpg


5.チョコソースを作る。
ボウルにココアパウダーをいれ、アガベシロップを
滑らかになるまで少しずつ加えながら混ぜあわせる。
d0159822_19531141.jpg



6.バナナは1cm幅に切る。
皿にワッフルを置き、バナナとアメリカンチェリーを散らばるようにのせて
上からチョコソースをかける。
仕上にミルクアイスをのせてかんせい!
d0159822_19535832.jpg



カリカリに焼けたワッフルと、バニラアイスにチョコソース!
みるからに美味そうだ。
d0159822_19533528.jpg


ワッフルはおれ好みの固めの食感。
このままでも十分オイシーけど、やっぱりソースやフルーツがあると
ググっとゴージャスになるね。






わ~ 
キッタネェ~
d0159822_19535878.jpg



フルーツは他にもお好みのものを。何でも合うよ。


「お店風ワッフル」、ぜひみなさんもご家庭で!
[PR]
# by mittunmittun | 2017-01-07 12:35 | レシピ | Comments(2)
韓国風生春巻き
f0367103_12151911.jpg


(3本分)


★納豆 1ヶ(90g)
★アボカド(7~8mm角切り) 小1個
自家製コチュジャン 大2/3
★海老(ゆでて殻をむいて7~8mm幅に切る) 70g
★胡麻油 小1/4

・ライスペーパー 中サイズ3枚
・大葉 6枚
・スプラウト(好みのもの) 適量
・白いりゴマ 適量 


1.ボウルに★をいれてよく和える。
d0159822_21192911.jpg


2.ライスペーパーをたっぷりの水で濡らし、まな板の上に置いてやわらかくなるまで置く。
上に大葉(軸はちぎる)を2枚のせ、スプラウトをのせる。


3.さらに①を1/3量のせて巻く
d0159822_2119536.jpg


d0159822_2120798.jpg

残りの2本も同様。


4.1本を3等分に切って皿に盛り、仕上に白いりゴマを全体にふってカンセイ!
d0159822_21202455.jpg



ササっと和えて巻くだけの
お手軽生春巻き!




え~納豆入り?
とお思いのアナタ!目からウロコの美味さとはこのこと!
d0159822_21205344.jpg


しっかり味がついてるので、漬けダレなどは不要。

食べやすいのがツマミにウッテツケ!


納豆はひき割りでも、粒のものでもお好みで。

でもこれは粒の方が食感があっていいかな。

アボカドはしっかり熟したものを使ってね。

自家製コチュジャンはほんとに美味しい。


海老のほかに、マグロの刺身とか一緒に巻いてもおいしいと思うよ。



ぜひみなさんもお試しを!!

[PR]
# by mittunmittun | 2017-01-06 12:08 | レシピ | Comments(0)
自家製コチュジャン

f0367103_12224979.jpg

(つくりやすい量)

・粉唐辛子(細挽き) 70g
★水  1カップ
★きび砂糖  75g
★米味噌 200g
☆はちみつ 大1
☆塩 小2弱
☆酒 大1
☆米酢 小2強

1.鍋に★をいれて弱火で熱する。砂糖が溶けたら
ボウルに味噌を入れて溶かした砂糖水を少しづつ加えながらよくかき混ぜる。

2.再び鍋に戻し、唐辛子をいれて混ぜながら弱火で加熱する。
ポッテリとなったら火からおろし冷ます。

3.冷めたら☆をいれてよく混ぜてかんせい!


好みでニンニクのすりおろしなどいれてもOK。
簡単でおいしいコチュジャン、ぜひ作ってみてね~


[PR]
# by mittunmittun | 2017-01-05 12:23 | レシピ | Comments(2)
おけましておめでとうございます
f0367103_11560863.jpg
あけましておめでとうございます。



昨年12月は色々あり

色々凹んだり死んだりしてまたブログをほったらかしという
もうブロガー完全失格です。

あのせめて週4~5で書けていたころの自分マジソンケー、という感じです。

そんな自己嫌悪に陥る年末、さらにエキサイトさんから
こんな贈り物が・・・!
f0367103_12000162.jpg



プラチナブロガー用お名刺・・!



わし、プラチナブロガーでいいんだろうか・・・

申し訳なさで2階から飛び降りそうになる気持ちを抑え

せっかくいただいた名刺を無駄にしないよう、2017年はほんとに頑張ろう。と
しみじみ思ったのでありました。


さて、年末、わしは久々にやらかしました。

久々というか、もう過去やらかしワーストBEST3に入るくらいの
ここではちょっと全部は書けない感じのことをやらかしました。


本当に酒をやめよう・・・と誓った3日後には

「突然やめるのは体によくないから、1日3本にしよう」(←何mlを3本とかは決めていない)ということになり、

さらに「年末年始は付き合いが多いから1日5本にしよう」まで増やし、

結局「酒と交互に水を飲めばいい」という結論になりました。


まぁそれが出来ているかどうかは置いておいて

一体何をやったんだと気になっている方もおられるでしょうに

みなさんが引かない程度までお話しますと


忘年会と称して、オジサン軍団と飲みに行き

カラオケに行き

清水宏次郎の「Summer of1985」を歌った所で
きおくがプツリと消えておりました。


ふと目が覚めると、家の近くのどこかの路上で寝ており


「ああ、さむい・・やばい、ねてた」と、
少し酔いもさめてフラフラと家に向かうと、

家の前でかばんを持っていないことに気がつきました。

「あれ、かばんがない。よって家の鍵が無い。」

普通ならめっちゃ焦るべきところなのだが

なぜか冷静で、「チャースケが持って帰ったんだ」と思い込みました。
(※監視役でカラオケまでチャースケもいた)


しかし時刻は夜の2時。


どれだけピンポンを押してもチャースケが家から出てくるばずもなく
(一度寝たら耳の真横で叫んでも起きない)

ピンポンを20回ほど押したところで諦め、
もくもく村の中心部へまたふらふら歩く。

どっかのサウナで1夜を過ごそう・・・

そう思い、サウナに入ると
「本日は満室です」と断られました。(今思うとおそらく酔っ払いだから・・?)


「サウナに満室ってあるのか・・・」と思い、トボトボとサウナを後にする。

よくよく考えるとかばんも持ってないのだから
一銭も持たずによく入ったなと今思うと
多分また酔っ払っていたのだろう。


さらに、さっきまで歌っていたカラオケ屋に行き、
せめて電話を貸してくれと頼むと
「トラブルになるので」とこちらもつめたく断られました。

なんて、なんて世の中冷たいやつらばかりなんだ・・・


しかたなく家に戻りまたピンポンを50回ほど押して力尽き
しばらくそのまま家の前にいると、

突然フラッシュバックのような、警察を揉みあいになって大喧嘩している記憶が
断片的に頭の中を駆け巡ったのであります。


あれ・・・そういえばさっき、警察と大喧嘩したな・・・

どこで?なんで?

あまりよく思い出せないので

深く考えず、このままおれは凍死するんだ、とおもって家の前に座っていましたが

本当に凍死しそうになって寒さで酔いも冷め
すっかり頭が冴えてきた朝5時前頃


ようやく「そうだ!困ったときのみどりママや!」と思い出し


無銭でタクシーに乗り込み
みどりママの家まで行き、

タクシーを家の前に待たせ


f0367103_12331689.jpg
幸い、みどりママの家はこのようなハイテクなボタン式の施錠なので
寒さで震える指で覚えている番号を押し、無事家に侵入

f0367103_12332701.jpg


寝ているみどりママをたたき起こし、
財布を強奪して無事、タクシーに支払いを済ませ

さらに朝まで暖かいところで眠らせていただき

なんとか凍死を免れたのだった。


朝、みどりママの電話を借りてチャースケに電話をかけ


『チャースケ、おれのかばん持ってる?』

『ちゃー(うん、もってる)』


やはりかばんはチャースケが持っていた。よかった・・・


『かばんに、おれの財布入ってる?』


『ちゃー(うん、はいってる!)』


『スマホも入ってる?』


『ちゃー・・・ちゃーーー!!!(うん、入って・・・ナンジャコリャー!!!!!)』


スマホがどうなっていたかまだご存じない方は、
インスタの方でご確認ください。


そしてよく見ると、腕にくっきりと人につかまれた指のあとの青アザが残っていて

警察と揉みあったのも夢でないことがわかった。


まだここには書ききれないサイテーなこともありますが、
みなさんが引かない程度にこのへんでやめておきます053.gif




そんなわけで、今年は酒の飲み方を勉強します。

こんなミットゥンを、見放さずに今年もおうえんよろしくお願いいたします。














[PR]
# by mittunmittun | 2017-01-04 12:47 | コラム | Comments(8)
海老入りポテスパサラ
f0367103_12234436.jpg


(2~4人前)


・じゃがいも 中3個
◎塩 小1/2
◎米酢 大1

・きゅうり 1本
・にんじん 中1/4本
・塩 適量


・剥き海老 100g
・早ゆでパスタ 40g(1分半で茹るもの)

☆EVオリーブオイル 小1強
☆塩 少々


★マヨネーズ 大4
★粒マスタード 小1
★白胡椒 適量

・ゆで卵 2個 ※水から12分茹でたもの

1.じゃがいもは皮付きのまま丸ごと茹でて、やわらかくなったら
皮を剥いてボウルに入れごろごろの粗つぶしにする。
全体に塩をしておく。
d0159822_22434075.jpg


2.にんじんときゅうりは、ともに1~2mm幅に
薄切りにし、全体に塩をして10分ほど置き、出てきた水分をさらしに包んで
ぎゅーっと絞っておく。


3.早ゆでパスタ(1分半で茹だるもの)と剥き海老は
一緒にゆでる。
茹でたらザルにあけ、しっかり水気を切り全体に☆をしておく。


4.1のボウルに2と3と★を入れてよく和える。
ゆで卵は最後に入れ、よく和える。
d0159822_22441966.jpg


5.器に盛り、仕上げに黒胡椒をたっぷりふり
スプラウトなどの緑をのせて完成!



これねー、すんげーうまいです。

ありきたりないろんなものが組み合わさっただけなんだけど。


海老とパスタってのがいいね。

こういうツマミがいいね。
d0159822_22452736.jpg



炭水化物多いけどさー

この組み合わせは無くならないね。

ポテマカロニサラダよ、永遠なれ。
[PR]
# by mittunmittun | 2016-12-20 12:25 | レシピ | Comments(0)
ショートアニメ ~カネクレ人形~
みどりママが、しゃべったことを真似するという
へんな人形を買ったと自慢してきた。


f0367103_12443590.jpg








f0367103_12444337.jpg
話しかけると












f0367103_12444613.jpg











f0367103_12452002.jpg
2秒後くらいに
聞き取れないレベルのカツゼツの悪さで
一応真似してしゃべる。











f0367103_12455052.jpg












f0367103_12455963.jpg















f0367103_12460538.jpg




f0367103_12462087.jpg








f0367103_12462638.jpg

[PR]
# by mittunmittun | 2016-12-13 13:07 | アニメ | Comments(4)
青海苔とチーズのキューブクッキー
f0367103_12233307.jpg



(作りやすい量)
★薄力粉 150g
★アーモンドプードル 30g
★きび砂糖 35g
★青海苔 大2
・トムドサヴォアチーズ(すりおろす) 22g 
※他の好みのチーズでも可。ハードかセミハードが良い


◎水 20g
◎アーモンドオイル 60g ※他の油でも可
◎塩 小1/2

1.ボウルに★をいれ、泡だて器でダマを無くすようにがーっと混ぜる。

2.別のボウルに◎を入れ、乳化するまでしっかり混ぜる。


3.1のボウルに2を入れゴムベラで混ぜ、粉気が残っているくらいで
チーズをいれ、まとまるまでさっくり混ぜ合わせる。

4.ジッパーつき袋に入れ、8mm厚さに伸ばす。
d0159822_11541558.jpg

5.袋を切り開いてオーブンシートの上に出し、
半分に切って2枚を重ねる。
それを1.5cm角に切る。
d0159822_11545148.jpg



6.2枚重なったものを指の腹で密着させるように
形を整えながらキューブ型にする。
d0159822_11552128.jpg



↓密着させるとこんな感じ
d0159822_11554888.jpg


7.オーブンシートの上に並べ、160度に予熱したオーブンで20分焼く。
取り出して完全に冷めるまで置く。



チーズと青海苔の香りがぷ-んと漂う

まさにおつまみクッキー。

さくさくの食感で、手が止まらなくなること間違いなし。
d0159822_11565523.jpg



もちろん、丸くまるめてもいいが、
なんかキューブ状ってまた違った食感になるのでおすすめ、

この2枚を重ねるやり方なら、失敗無く
均等に仕上がる。





チーズは他にも好みのものでOKですが、
オイルはあまり癖のないものを選ぶとチーズの邪魔をしないので
菜種油やピュアオリーブオイルなんかがおすすめです。





★★★インスタグラム&ツイッターのおしらせ★★★みなさん、たくさんのフォローありがとうございます!ブログでは見られないリアルタイムなことなど色々あっぷしています。まだフォローしていないひと、インスタしてないけどやってみようとおもってるひと、どしどしフォローしてミットゥンワールドを広めてくださ~い!
d0159822_1259628.jpg

Instagram→ここをクリック!


               


★ヘイヘイ、しつこく売ってるぜい★ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ ←クリック!
d0159822_12455074.jpg

販売中だよホ~ン



★おしらせ★
レシピブログの寄せ集めレシピ本(←失礼)のサンドイッチ特集のやつに
わしのレシピが1個だけ載っているよ。まぁブログで紹介してたやつだけど。
興味ある方はぜひ!
f0367103_12272286.jpg



[PR]
# by mittunmittun | 2016-12-12 12:35 | レシピ | Comments(0)
にんにくガッツリ!四日市とんテキどんぶり
f0367103_12263919.jpg


(1人前)


・豚肉(トンカツ用) 1枚
・マッシュルーム(半分に切る) 3ヶ
・塩麹 大2/3

☆にんにく(半分に切る) 2片
☆白胡麻油 大1

★ウスターソース 大1
★醤油 大1
★アガベシロップ 大1
★酒 大1
★しょうが(すりおろす) 1片

・ベビーリーフ、千切りキャベツなど 適量
・ごはん 食べたい量



1.豚肉は、グローブ状になるように切り目を入れる。
全体に塩麹をもみこみ、そのまま30分ほどおいておく。
(塩麹が無い場合、塩を少々全体にして下味をつけておく)


2.フライパンに☆を入れて弱火にかけ、香りが立ったら
豚肉を入れて中火で焼く。
d0159822_20302013.jpg



3.裏返して同様に焼き、すみっこでマシュルームを入れて焼く。




4.よく混ぜ合わせた★をいれて、絡めるようにしながら焼く。
タレが煮詰まるまで焼く。
d0159822_20304819.jpg


5.丼にご飯を盛り、ベビーリーフをたっぷりのせて
そのうえに④をのせる。フライパンにあまったタレもすべてまわしかける。

d0159822_20292913.jpg



超手抜きともいえるクイック丼。

温玉がないのが残念だが、まぁいいだろう
d0159822_20313556.jpg



濃厚なタレに絡まったボリューミーな豚肉。
いかにもガッツリメニューだ。


せめてもの・・と、ベビーリーフをガッツリのせたが
全然野菜が足りないので
ちゃんと他でサラダなんかは食べましょう。

冷めても(たぶん)いけるので、弁当なんかにもいいかもね。


今日はササっと作っちまいたい!ってなときは
ぜひお試しあれ
[PR]
# by mittunmittun | 2016-12-08 12:29 | レシピ | Comments(0)
中華風水だこのライスサラダ
f0367103_12135487.jpg


(2人前)
・水ダコ(刺身用) 120g
★ごま油 小1
★味の母 大1
★米酢 大1 ※レモン汁でもOK。ただしフレッシュなもの
★塩 小1/2
★醤油 大1/2
★黒胡椒 適量
★梅干し(種を除いてこまかくたたく) 1個

◎ミディトマト(4等分に切る) 5~6個
◎きゅうり(乱切り) 1個
◎チーズ(1cm角切り) 30g
◎パクチー(みじん切り) 2束 ※飾り用に少し葉を残しておく
◎ごはん(冷めたもの) 80g

・糸唐辛子 適量
・フライドオニオン 適量


1.水ダコの刺身は表面をバーナーで軽くあぶる。
※バーナーがない場合は焼き網で表面だけ軽く焼く
薄切りにする。

2.1をボウルに入れて★でよく和える。このまま15分以上置く。
d0159822_2275497.jpg


3.別のボウルにごはんを入れ、上から2をつけ汁ごと回しかけるようにして入れ
しゃもじで切るようにして和える。
よく混ざったらさらに◎を入れてよく和える。
d0159822_228425.jpg


4.器に盛り、仕上げにパクチーの葉、糸唐辛子をのせ、全体にフライドオニオンをちらして完成


ぶったタコの刺身がおいしい、中華風ライスサラダ
d0159822_229865.jpg



米は少なめでもボリュームたぷり。
d0159822_2291872.jpg



オリーブオイルとワインビネガーで洋風にするもよし。
その際はパクチーでなくてクレソンのほうがいいかもしれぬ。
(そして梅はいらない)




タコはあぶると風味が良くなるだけでなく、切りやすいのでおすすめです。


今宵のビールのおともに、

ぜひおためしあれ~




★★★インスタグラム&ツイッターのおしらせ★★★みなさん、たくさんのフォローありがとうございます!ブログでは見られないリアルタイムなことなど色々あっぷしています。まだフォローしていないひと、インスタしてないけどやってみようとおもってるひと、どしどしフォローしてミットゥンワールドを広めてくださ~い!
d0159822_1259628.jpg

Instagram→ここをクリック!


               


★ヘイヘイ、しつこく売ってるぜい★ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ ←クリック!
d0159822_12455074.jpg

販売中だよホ~ン



★おしらせ★
レシピブログの寄せ集めレシピ本(←失礼)のサンドイッチ特集のやつに
わしのレシピが1個だけ載っているよ。まぁブログで紹介してたやつだけど。
興味ある方はぜひ!
f0367103_12272286.jpg



[PR]
# by mittunmittun | 2016-12-07 12:15 | レシピ | Comments(2)
コラム ~行く店~
だいたい歳をとるごとに、行く店(※飲食店) は狭まると言われている。(だれに?)




「焼き鳥屋ならここ」


「中華ならここ」


「洋食ならここ」


「寿司屋ならここ」


といったように、年々

変な店に行って失敗するくらいならここに行こう、という感じで

新しく開拓しようという気力は無く


そうなると、必然的に
だんだんと行く店が少なくなるので

決まった店のローテーションになる。


別にそれはそれでいいと思っているのだが




どんなに好きな店でも、ちょっと気に入らないことがあるときもある。



たとえはシェフの店くらい自分にとって特別な店ならば
それはまったく別の話だが(そもそもここで気に入らないことなんて無いんだけど)



今まで気に入って行っていた店なのに、

ムッとする事があり、行かなくなるというのもたまにあるのだ。



おれの大好きな近所の中華料理屋で、

しょっちゅう行っていたのに

あるとき、満席で
「すぐ空きますから」といわれたのに店先で20分ほど待たされ、

その間「もうちょっと待ってください」とか言われるわけでもなく

むしろすぐ奥の席が空いてるのに
なぜ案内しないのだろうとイライラして、

もういい!と思って黙って出てきて以来、
その店には行っていなかった。

とにかく待つことがダイキライなので
最初から20分も待たされるならさっさと他の店に行けたのに


あんなに好きだった店であんな扱いをされたのが
とにかく不愉快で、もう絶対いかねーと思っていた。


しかし先日、その店が大好きなチャースケとみどりママが
中華が食べたいからと無理矢理連れられ
(※そんなに無理やりでもない、むしろ自分からちょっと恋しくなって行った)
久々に行ってきた。



相変わらず流行っていて、満員だったが何とかすぐ座れた。



店長のおっちゃんの愛想も相変わらず良い。



しかししばらくすると、
料理はどんどん出てくるのに、なかなか追加のビールが出てこず、


「ビールまだ?」というと、


店員のおねーちゃんが「今やってます」と、答えた。



それにムッカーとして、


みどりママに
「今のはさぁ、『今やってます』じゃなくて『申し訳ありませんすぐにお待ちしますのでもう少々おまちください』じゃね?おれだったらそう言うね。」



と、ボソッと愚痴ると



あの(気性の激しい)みどりママがひとこと




「そういうこと言ってるとね・・・行く店なくなる・・・」




とつぶやいた。



・・・・



重みがハンパ無い・・・



そう、とみどりママは、そんな道はとうに通ってきたのだ。


みどりママの
今至る結論は




『文句ばっか言ってたら本当行くとこなくなった』




ということらしい。



そう、文句ばっか言ってちゃだめなんだ。





何事もね・・・




f0367103_13004617.jpg
一体、いくつ行く店をなくしてきたのだろう。
















[PR]
# by mittunmittun | 2016-12-06 12:35 | コラム | Comments(5)
自家製マヨネーズの濃厚海老マヨ
f0367103_12193389.jpg

<自家製マヨネーズ> ※作りやすい量
★卵黄 1個
★塩 小1/3
★黒胡椒 少々
★アップルビネガー 大1 ※米酢でもOK

・マカダミアナッツオイル  160~180ml ※または菜種油など癖のないものがおススメ


<海老マヨ>
・海老(大きいもの) 10尾
・片栗粉 適量

☆塩 小1/3
☆片栗粉 小1
☆黒胡椒 少々
☆ごま油 小1/2

・片栗粉 適量


◎自家製マヨネーズ 75g
◎エバミルク 大3
◎アガベシロップ 大1
◎塩 1/3
◎トマトケチャップ 大1/2

・パクチー 適量


1.マヨネーズを作る。
ボウルに★を入れ、ハンドミキサーでしっかり混ぜる。

2.そこにオイルを少しづつ入れながらそのつどよく混ぜ、徐々に乳化させていく。
ポッテリした感じに仕上がれば成功
d0159822_1010876.jpg



3.海老マヨを作る。
◎をボウルに入れてよく混ぜ合わせておく。


4.海老は殻を剥いて背ワタを取り、ボウルにいれ片栗粉を少々入れて
水を入れ揉みこむように洗う。
何度が水を換え、水が汚れなくなたらOK。水気を切っておく。


5.ボウルに洗った海老を入れ☆を入れよく揉みこみ、
取り出して全体的に片栗粉をしっかりまぶす。



6.中温の油でカラッとなるまで揚げる。
d0159822_10104855.jpg


7.揚がった海老はキッチンペパーの上で余分な油を切り、3のタレをよく絡める。
d0159822_10485147.jpg



8.器に盛り、上にパクチーを飾って完成!

これはぜひ熱々を!
d0159822_10111612.jpg



濃厚なマヨソースに絡んだプリプリの海老が、口の中ではじけます。

ああ、うまい!これはウマイ。

マヨ得意でないおれでも、これはパクパクいける。
(結局ほとんどチャースケが食ったけど)
d0159822_10112476.jpg



エビマヨには、よくコンデンスミルクを使うが、コンデンスミルクは使いたくなかったので
エバミルクを使用。


よそで食べる海老マヨとは、ひと味もふた味も違う。
面倒だけど、ぜひマヨネーズから作るべし。

あっというまに出来るよ。

余ったマヨネーズは、野菜につけて食べたり、
ポテサラに使ったり・・・

それだけでも、いつもの味と違う美味しさ。

オイルによってだいぶ味も変わるので
色々ためしてみよう!


ただ、オリーブオイルで作るマヨネーズは風味が強すぎて
このエビチリにはあまりおススメしませんぞ


★★★インスタグラム&ツイッターのおしらせ★★★みなさん、たくさんのフォローありがとうございます!ブログでは見られないリアルタイムなことなど色々あっぷしています。まだフォローしていないひと、インスタしてないけどやってみようとおもってるひと、どしどしフォローしてミットゥンワールドを広めてくださ~い!
d0159822_1259628.jpg

Instagram→ここをクリック!


               


★ヘイヘイ、しつこく売ってるぜい★ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ ←クリック!
d0159822_12455074.jpg

販売中だよホ~ン



★おしらせ★
レシピブログの寄せ集めレシピ本(←失礼)のサンドイッチ特集のやつに
わしのレシピが1個だけ載っているよ。まぁブログで紹介してたやつだけど。
興味ある方はぜひ!
f0367103_12272286.jpg



[PR]
# by mittunmittun | 2016-12-05 12:45 | レシピ | Comments(0)
黒鯛の湯引きカルパッチョ
f0367103_12165779.jpg


(2人前)
・黒鯛(刺身用) 100g

★EVオリーブオイル 大1
★レモン汁 大1 ※必ずフレッシュなもの
★トリュフ塩 小1/3 ※無ければ普通の塩でもOK
★黒胡椒 少々
★酒 大1
★味の母 大1/2 ※なければみりん

・ルッコラ 80g
・フライドオニオン 大2
・コンテチーズ 適量
・ミニトマト(半分に切る) 5~6個

1.黒鯛は沸騰した湯で表面の色が変わるくらいさっと茹で、
氷水を張ったボウルに入れてしめる。

取り出して、表面の水分をしっかりふきとる。
d0159822_1145252.jpg


2.容器に★を入れよく混ぜ、1の黒鯛を入れて3時間ほどマリネする。


3.皿にルッコラを盛り、塩とEVオリーブオイル(分量外)を適量ふりかけて
手でざっと和える。
その上に2を1cm幅に切ったものを全体にちらす。
※漬けていたマリネ液もふりかける

d0159822_1151358.jpg


4.ミニトマトをのせ、フライドオニオンをふりかけ、チーズをピーラーで薄切りにしてかけて完成!
d0159822_1155644.jpg


さっと湯引きするひと手間だけで
生のまま食べるのとは全く違った食感になる。

少し臭みがあって、失敗したなーとおもう刺身とかでも、
この方法であれば臭みも取れておいしく食べられるよ。


d0159822_1161254.jpg

トリュフ塩ばんざい。







★★★インスタグラム&ツイッターのおしらせ★★★みなさん、たくさんのフォローありがとうございます!ブログでは見られないリアルタイムなことなど色々あっぷしています。まだフォローしていないひと、インスタしてないけどやってみようとおもってるひと、どしどしフォローしてミットゥンワールドを広めてくださ~い!
d0159822_1259628.jpg

Instagram→ここをクリック!


               


★ヘイヘイ、しつこく売ってるぜい★ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ ←クリック!
d0159822_12455074.jpg

販売中だよホ~ン



★おしらせ★
レシピブログの寄せ集めレシピ本(←失礼)のサンドイッチ特集のやつに
わしのレシピが1個だけ載っているよ。まぁブログで紹介してたやつだけど。
興味ある方はぜひ!
f0367103_12272286.jpg



[PR]
# by mittunmittun | 2016-12-02 12:16 | レシピ | Comments(0)
とろとろ栗のシュークリーム
f0367103_12131673.jpg


(8個分)

《シュー皮》
☆バター(細かめに切っておく) 60g
☆牛乳 60g
☆水 60g
☆きび砂糖 小2
☆塩 小さじ1/3
・薄力粉(ふるう) 60g
・卵 約3個


《栗クリーム》
栗の渋皮煮 450g
★牛乳または豆乳 80ml
★ラム酒 大2

・生クリーム 200ml
・きび砂糖 大1


1.シュー皮を作る。
作り方はココ参照(今回はナッツ無し)

2.栗クリームを作る。
フードプロセッサーに栗の渋皮煮をいれ攪拌する。
細かくなったら★をいれさらに攪拌し、なめらかになるまで攪拌する。
d0159822_1223442.jpg


3.取り出して裏ごしし、さらに滑らかにする。これをボウルに入れておく。


4.別のボウルに生クリームときび砂糖を入れ、泡だて器で7分立てにする。
泡立てすぎに注意!持ち上げるとトロリと落ちて少し積もって跡がうっすら残る状態になればOK。
d0159822_1225622.jpg



5.3の生クリームの1/4量を2と合わせ、ゴムへらで混ぜあわせる。
d0159822_12263575.jpg



6.5の栗クリームと生クリームを、スプーン山盛り1杯ずつ交互に絞り袋に入れる。
d0159822_12265837.jpg


7.シュー皮の中の白い膜のようなものを指でつまんで取り除く。
(クリームがいっぱい入るようにするため)
d0159822_12272345.jpg


8.シューの中に6を絞り入れ、
蓋になる部分をのせ、仕上げに粉糖などあればふって完成!
d0159822_12275332.jpg


季節外れの栗。ぜいたくだ

中からはとろっとろの濃厚なクリームが!
d0159822_1228503.jpg


あわわわわ
d0159822_12291326.jpg



ラム酒がかなり効いていて
おとなのシュークリーム。

ラムが苦手な人は入れないか、もしくは大さじ1ほどにしておこう。

この秋、渋川煮を作ったあなたは
ぜひトライを。



[PR]
# by mittunmittun | 2016-12-01 12:08 | レシピ | Comments(2)
コラム ~ゴットタン マジ歌ライブ当選②~
抽選結果は約1ヵ月後の11月24日、とある。


ここまでやって、落選したらバカみたいだが

まぁ武道館でかいし、大丈夫だろう・・・と思いながらも
ソワソワして1ヶ月が過ぎた。


そして先日の24日
1通のメールがきており、





無事 『当選しました』 とある!





ヤター!





1週間以内にマチのホットステーション(※ローソンのこと)で
発券しないとキャンセルになるよ、

と書いてあったので
早速夜、発券しにマチのホットステーションに行った。



どうでもいいけど、最近コンビニってファミマとセブンだらけだね。
マチのホットステーション探すのに苦労した。
見つけた時はホットしたよ。
(つまんねーなとか言わないで)





どの席かは、発券するまでわからない。


「ロッピー」というふざけた名前の機械で、
シリアルナンバーと電話番号を入力しろ、という画面が出た。

言われたとおりに
シリアルナンバーと電話番号を入れるが、
何度やってもエラーになる。

「え、なんで?なんで?」

何度も見直したが、合っている。


おい、トク!

あいつ間違えて自分の電話番号で登録してねーか?と思い、
ヤツの送ってきたラインの証拠画面をさかのぼって探してみると、


やはり、アイツの登録したおれの電話番号が1ケタ足りていない。

f0367103_12020821.jpg


舌打ちしながら、トクの間違えた通りの番号を入力すると、

ようやく無事に発券出来た。







チケットが出てくるのを待つ間





『どこの席だろう・・・1階だといいな・・・』とまたソワソワして



出てきた席を確認すると!

f0367103_13265566.jpg



なんと、1階のステージの真正面の前列のほう・・・!



え、何これ?




夢かしら?



それともこんなに張り切って申し込んだの世の中でおれだけなのかしら?
(だとしたらちょっとハズカシイ)





とにかく奇跡的な席をゲットする事が出来た。





マジ歌ライブは来年の3月。
一緒に行く相手は未定だが(とりあえず2枚取った)、
楽しみだ。







f0367103_12544376.jpg

[PR]
# by mittunmittun | 2016-11-30 15:30 | コラム | Comments(4)
コラム ~ゴットタン マジ歌ライブ当選①~
さかのぼることおよそ2ヶ月ほど前・・・・

ゴットタン(テレ東の深夜番組)の「マジ歌」を見ていると、

今年のマジ歌ライブは、なんと武道館で行うと番組で告知。

角田バンドと劇団ひとりの大ファンのおれは
なんとしてもこのライブに行きたい。

すると、10月26日に発売のブルーレイDVDBOXを購入すれば
この今年のマジ歌ライブのチケットの先行抽選に申し込みできる特典がついているとのことで

商売上手なやつらめ、と思いながらも早速DVDを予約していた。

発売される1日前に、荷物が届く通知を受け、
予約しといてラッキー、と思ったら


やばい、ワシ、26日からチャイナだった!と思い出す。


抽選に申し込めるのは26日の昼12時から番組ホームページから、と書いてある。
DVDについているシリアルナンバーを入れて応募するらしい。


26日の12時って、バリバリ飛行機に乗っちゃってる時間ではないか。

中国から帰って申し込んでたら遅い。
予約した意味無い。

誰かに申し込みだけやっといてもらうしかない。


しかし誰か他の人に申し込みを頼むためには、
なんとか25日中にこのDVDを受け取らないといけなかった。


しかし、どうしても受け取れる時間に家に帰る事が出来ない。


どうするか・・・

どうしても受け取りたいおれは、ヤマトさんに電話をかけ
「再配達しなくていいから営業所に置いといてくれ、取りに行くから」と連絡し

営業所の終わる21時のギリギリ1分前に駆け込み(迷惑だな)、

なんとか25日中にDVDボックスを受け取ることが出来た。

f0367103_12541627.jpg


そして、無事シリアルナンバーをゲットした。


さて、誰に申し込みをやってもらうか・・・


とりあえずチャースケに頼むか・・・

若干というかかなり心配だが、

f0367103_12542046.jpg
「明日の12時に、ゴットタンのホームページからマジ歌の先行抽選のところにいって、このシリアルナンバーを打ち込んで、必要事項打ち込んで、申し込みできる?」と言うと、








f0367103_12542312.jpg




・・・・・・・・。


f0367103_12542762.jpg



チャースケでは無理だと判断し、



他に誰か、12時に絶対暇そうなヤツは・・・

f0367103_12543175.jpg
いや、みどりママも無理であろう。






友達の少ないおれは



f0367103_12543525.jpg

仕方なく、トクに頼むことにした。



むかつくけど、パソコンとか得意だし
大丈夫だろう。






一から状況を説明し、


f0367103_12543865.jpg
「とにかく頼む」と、
おれの電話番号や住所などを連絡して
やっておくように指示した。





そんなわけでおれは翌日からチャイナに向かい、

飛行機を降りると、トクからラインで
「申し込んでおいた」と、証拠の画面が送られてきた。



~つづく~






[PR]
# by mittunmittun | 2016-11-29 11:45 | コラム | Comments(0)
きのこのブルーチーズグラタン
f0367103_12305395.jpg


(2人前)

・好みのきのこ(シメジ、まいたけ、エリンギなど) 合わせて200g
★にんにく(スライス) 2片
★オリーブオイル 大1

・白ネギ(3cm幅に切る) 1本
・白ワイン 1/2カップ
・強力粉 大2/3
・豆乳 1/2カップ ※好みで牛乳でも可

・ゴルゴンゾーラチーズ 35g
・白味噌 小1/2

・シュレッドチーズ(好みのもの) 適量


1.フライパンに★をいれ弱火にかけ、香りがたったら白ネギを入れて
表面に焼き色が付くまで焼く。



2.きのこを入れて白ワインを注いで炒める。
d0159822_14444269.jpg



3.強力粉を入れ、全体になじませたら

豆乳をすこしづつ注いでそのつどよく混ぜる。
ゴルゴンゾーラをちぎって入れ混ぜる。
d0159822_1445149.jpg


4.耐熱容器に入れ、上にシュレッドチーズをのせてトースターでチーズが溶けるまで焼く。
仕上げに黒胡椒をふってかんせい!



ブルーチーズの良い香りが漂う
d0159822_14461030.jpg



たっぷり入ったきのこ。
いろんな食感を楽しむため、いろんな種類のものを入れると良い。
[PR]
# by mittunmittun | 2016-11-28 12:31 | レシピ | Comments(2)
コラム ~服作りあるある~
年内にもう1着コートを作ろうと思って買ったまま放っておいた生地がある。


いきなり寒くなってきて、こりゃやばいと思い
先日の祝日に、ようやく作成に取り掛かった。




毎回そうだが、服作りはだらだら作るのは性に合わないので
どこか休みの日を丸1日つぶして
ほぼ飲まず食わずで部屋に立てこもって一気に作る。
(ちょっとうそついた。本当はビールとどら焼き食べながらやった。)



おれが服作りの工程でゴキブリ並みに大大ダイキライなのが、
型紙と裁断である。


中でもとくに裁断は本当にきらいで、


だれか3000円くらいで裁断だけやってくれんか、といつも思う。
(3000えん以上かかるなら頑張って自分でやろうとおもう)


「裁断が3度のメシより大好き!」という奇特なひとがいたら、
ぜひお友達になりたい。


今回のコートを作る際、

そういえば今年の春に
安売りしていたインポートのカッコイイ裏地を、
キヨブタ(清水の舞台から飛び降りるの意)で思い切って買ったのを思い出した。



本当は¥10000/mという、庶民には手を出せない値段の裏地が、
在庫処分で¥3500/mという破格だったのだ。



それでも裏地にしたら高級な値段だが、

悩んだ末、2mだけ思い切って買っておいたのだった。



何に使おうか悩んだまま危うく忘れかけていたが、
今回のコートに使うことにした。


7000円の裏地様は、
いつもよりかなり慎重に、かなり丁寧に、ダイキライな裁断に臨む。
f0367103_12351907.jpg




しかし、7000円と思うとなかなか裁断に入れず、
柄にも無くモタモタしていたら



f0367103_12352424.jpg



秀次郎が突進してきて見事なスライディングを決めてくれたり、




f0367103_12402470.jpg




フーちゃんに限っては再度丁寧に並べた型紙の上で香箱座りで寝始める始末であった。



試練を乗り越え、ようやくいつもの倍かかって裁断は終了。


本体は一昨日でほぼ完成できたので、後は裏地をつけるのみ。



今日は早く帰らねば!





[PR]
# by mittunmittun | 2016-11-25 12:29 | コラム | Comments(6)
とろとろ味噌ぶり大根
f0367103_12342645.jpg



(2~3人前)


・ブリのアラ 600g

☆大根(乱切り) 800g
☆こんぶ 10cm
☆水 2カップ

◎酒 1/3カップ
◎味の母 1/4カップ ※みりんでも可
◎大根の茹で汁+水 3カップ

★八丁味噌 大3
★きび砂糖 大3

・細ネギ 適量


1.☆は圧力鍋で柔らかくなるまで下茹でする
(活力鍋の場合高圧弱火で2分、自然放置。そのほかの圧力鍋は
手元の説明書に従ってください)





2.ブリのアラは血合いを洗い流し、沸騰した湯に入れて10秒ほどしたら
氷水を張ったボウルにいれて臭みを取る。


3.大根の残った茹で汁を計量カップに入れ、水を足して3カップにする。
鍋に茹で汁と水を入れ、◎も入れて煮立たせる。

弱火にして★をいれよく溶かす。




4.そこにブリのアラと下茹でした大根を入れ
落とし蓋をして弱火で煮る。



こんな感じに煮汁が半分くらいになったら火を止め、冷まし
味を含ませる。
d0159822_21413091.jpg



5.食べる直前に温め、ネギをちらして完成!
d0159822_2142860.jpg



八丁味噌は、愛知県の岡崎市が有名な普通の赤みそよりさらに濃い味噌。

おれは今まで使ったことが無かったが、先日薦められて買って使ってみたら
そりゃもうすごいコクと旨み!

普通の赤味噌とは全然違うね。


大根は下茹でするとこんなに短時間で
柔らかく、汁もしっかり吸い込む。

口に入れたら、とろけるような柔らかさ!!

持っていると、カメラを構えている間にどんどん箸が食い込んでしまい
撮影困難だったほど!
d0159822_21415323.jpg



アラの楽しいところは、身をほじりながら
色んな味が楽しめること。

骨のまわりをしゃぶりながら、余すとこなく身を探す。
ホホの肉は弾力があっておいしいし、
目玉の後ろはプリプリで最高。




温泉卵を落としてもいいねぇ~

半熟煮卵を入れてもいいね。



こんな寒い日は、日本酒と一緒にぜひ
熱々ぶり大根をどうぞ!!!
[PR]
# by mittunmittun | 2016-11-24 12:34 | レシピ | Comments(0)
サーモンのハーブマリネ
f0367103_12304474.jpg




(2人前)
・サーモン(刺身用) 1サク(約260g)
★塩 15g
★きび砂糖 10g
★黒胡椒 適量
・ローズマリー 2枝

・EVオリーブオイル 適量
・アボカド 1/2個
・クレソン 適量


1.サーモンは表面の水分をしっかりふきとる




2.全体に★を満遍なくすりこんで、
さらに全面にEVオリーブオイルを塗る(大2~3ほどです)。
ローズマリーは表裏に1枝ずつのせてラップできっちり包み、そのまま冷蔵庫で3時間ほど置く。
d0159822_11453739.jpg



3.器に盛り、薄くスライスしたアボカドとクレソンをそえ
仕上にさらにEVオリーブオイル、黒胡椒をまわしかけて完成!


お好みの幅に切って、アボカド・クレソンと一緒にどうぞ!
d0159822_11522441.jpg



ほんのり塩味が効いて、ローズマリーのいい香りが移った
濃厚なサーモンは、醤油をつけて食べるのとはまた別物のおいしさ!
d0159822_11532831.jpg



チョー簡単なので、年末年始の忙しい時期
おもてなしにもぴったりでやんす。

ぜひぜひ、ワイン片手に
シャレ山な時間をすごしてちょう!






★★★インスタグラム&ツイッターのおしらせ★★★みなさん、たくさんのフォローありがとうございます!ブログでは見られないリアルタイムなことなど色々あっぷしています。まだフォローしていないひと、インスタしてないけどやってみようとおもってるひと、どしどしフォローしてミットゥンワールドを広めてくださ~い!
d0159822_1259628.jpg

Instagram→ここをクリック!


               


★ヘイヘイ、しつこく売ってるぜい★ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ ←クリック!
d0159822_12455074.jpg

販売中だよホ~ン



★おしらせ★
レシピブログの寄せ集めレシピ本(←失礼)のサンドイッチ特集のやつに
わしのレシピが1個だけ載っているよ。まぁブログで紹介してたやつだけど。
興味ある方はぜひ!
f0367103_12272286.jpg



[PR]
# by mittunmittun | 2016-11-23 12:30 | レシピ | Comments(2)
蒸し野菜の納豆梅ソース
f0367103_12242083.jpg


(1人前)
・大根(乱切り) 4cm 
・にんじん(乱切り) 1/2本
・れんこん 2cm
・小じゃがいも  4~5個
・菜の花(4cm幅に切る) 100g
☆塩 小さじ1/2
☆水 1/2カップ

<タレ>
・納豆 1パック
・梅干し 1個

◎味噌 大2
◎酒 大1
◎みりん 大1
◎米酢 大1/2
◎あさつき(小口切り) 3~4本
◎しょうが(すりおろし) 1片

1.タレをつくる。
梅干しは種を除く。納豆と梅干を包丁で細かくたたく。



2.ボウルに1と◎を入れよく混ぜる。
d0159822_1445432.jpg


3.厚手の鍋に菜の花以外の野菜を入れ、塩を全体にまぶし
水を入れて弱火にかける。
そのまま弱火でじっくり水分がなくなるまで蒸し煮にする。


4.水分が無くなって野菜に火が通ったら菜の花を入れ、水を1/4カップ追加して
1分半ほど蒸し煮にする。
d0159822_1446890.jpg



5.器に持って2のタレを添えて完成!




野菜を楽しむヘルシーごはん。
d0159822_1446329.jpg


タレをのせて



ホホホー このタレは旨い!
d0159822_1447136.jpg


納豆のうまみ、梅干と酢の酸味が効いて
食欲が増進。

野菜がたっぷり食べられる。


さー、これで元気回復!


今日も酒が旨いぞ!がんばろう!






★★★インスタグラム&ツイッターのおしらせ★★★みなさん、たくさんのフォローありがとうございます!ブログでは見られないリアルタイムなことなど色々あっぷしています。まだフォローしていないひと、インスタしてないけどやってみようとおもってるひと、どしどしフォローしてミットゥンワールドを広めてくださ~い!
d0159822_1259628.jpg

Instagram→ここをクリック!


               


★ヘイヘイ、しつこく売ってるぜい★ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ ←クリック!
d0159822_12455074.jpg

販売中だよホ~ン



★おしらせ★
レシピブログの寄せ集めレシピ本(←失礼)のサンドイッチ特集のやつに
わしのレシピが1個だけ載っているよ。まぁブログで紹介してたやつだけど。
興味ある方はぜひ!
f0367103_12272286.jpg



[PR]
# by mittunmittun | 2016-11-22 12:00 | レシピ | Comments(2)



旧ブログ「ベジタリアンミットゥンと肉食チャースケ」からの新ブログ!自称年齢性別不明のクマ人形ミットゥンが織り成すグータラ料理コラムブログへようこそ。コメント、リンク大歓迎。罵倒、クレームはNO歓迎。
by ミットゥン
タグ
(36)
(24)
(12)
(11)
(11)
(9)
(8)
(5)
(5)
(4)
(1)
(1)
(1)
カテゴリ
全体
アニメ
レシピ
コラム
お知らせ
未分類
最新の記事
コラム  ~Gとの戦い 20..
at 2017-08-23 13:00
黒七味風味のフライドチキン
at 2017-08-22 12:33
コラム ~音漏れの失態~
at 2017-08-10 12:32
カザテッラのわさび醤油マリネ
at 2017-08-07 12:14
自家製ジンジャーエール
at 2017-08-04 12:31
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
検索
最新のコメント
> yamatoyome..
by mittunmittun at 12:37
> Kumasakiさん..
by mittunmittun at 12:36
> ちびさん 返事激遅..
by mittunmittun at 12:35
はいた~い ミットゥンさ..
by yamatoyome at 16:38
やっほーいミットゥン、 ..
by Kumasaki at 21:54
私も絶対肩震えちゃう!フ..
by ちび at 13:53
> yamatoyome..
by mittunmittun at 12:18
> はにゃさん おひさ..
by mittunmittun at 12:17
> ちびさん まーたし..
by mittunmittun at 12:37
> Aquiさん いつ..
by mittunmittun at 12:30
ファン
ブログジャンル
画像一覧