タグ:レシピ(おやつ) ( 14 ) タグの人気記事
カリカリ生地のブルーベリーシュークリーム
f0367103_12161383.jpg


(4個分)


《カスタードクリーム》
◎卵 1/2個
◎卵黄 1個
★和三本糖 50g
★薄力粉(ふるう) 20~25gくらい 
★牛乳 250g
・バニラエクストラクト 大1 ※ラム酒でも良い
・バター 大1


《シュー皮》
☆バター 30g
☆牛乳 30g
☆水 30g
☆きび砂糖 小1
☆塩 ふたつまみ
・薄力粉(ふるう) 30g
・卵 1+1/2個



・へーゼルナッツ(細かく刻む) 適量 ※ほかの好みのナッツでもOK
・ブルーベリー(生) 適量



1.カスタードをつくる。
鍋に★をいれてよく混ぜ合わせ、弱火にかける。
混ぜながら加熱し、とろみが出て重くなってくるまで混ぜ続ける
d0159822_1914342.jpg



2.十分にとろみが出たら火からおろし、バターを入れて余熱で溶かしまぜる。
粗熱が取れるまで置き、バニラエキストラクトをいれてよくまぜる。
d0159822_19144159.jpg



3.表面にぴっちりラップをはって、冷蔵庫で冷やしておく
d0159822_19144841.jpg



4.シュー皮を作る。
★を鍋に入れて弱火にかけ、バターを溶かす。
d0159822_19134240.jpg



5.バターが溶けたら薄力粉をいれて木へらで一気にかきまぜる
※手を休めないこと!
d0159822_19135981.jpg


このくらいにまとまったらボウルに移す。
d0159822_19135789.jpg


6.よく混ぜ合わせた◎を少しづつ加え、そのつどよく混ぜる。
d0159822_19141491.jpg



このくらいに木べらですくって、三角形にゆっくり落ちるくらいの硬さになったらOK
(なので、卵は一気にいれずに様子を見ながら調節しよう。
この分量であまる場合もあるし、足りない場合もある)
d0159822_19141279.jpg


7.絞り袋にいれ、丸く搾り出す。
だいたい直径4cmくらい。

絞って先のとがった部分は、指に水をつけて軽く抑えてなじませよう
d0159822_19142993.jpg



8.細かく刻んだナッツをのせ、スチームオーブンで焼く
※スチームオーブンがない場合は、生地に霧吹きで水をかけ
180度に予熱したオーブンで35~40分ほど焼く
d0159822_1914269.jpg


9.焼きあがったら冷まし、蓋のほうを切り取る
d0159822_19171813.jpg


中の白い膜のようなものを指でつまんで取り除く。
(クリームがいっぱい入るようにするため)
d0159822_19172730.jpg


10.3のクリームをたっぷりいれ、上にブルーベリーをかざって完成!

d0159822_19134161.jpg

うーまーそー



クリームがとろとろ!

おれはこういうゆるめのクリームのほうが好きだ。
d0159822_19181063.jpg


もうちょっと固めのがお好みの方は、薄力粉を30~35gくらいにしてくれ。

バニラエキストラクトじゃなく、バニラビーンズがある場合はもちろんそっちを
つかってね。

チャースケは豆乳で作ったクリームは食ってくれないので
今回は牛乳で作ったが、そのへんはお好みで。
もちろん豆乳でもできるよ。


ブルーベリーのほかにも、旬のフルーツでいろいろお試しを!

[PR]
by mittunmittun | 2017-09-14 12:14 | レシピ | Comments(0)
ぐるぐるハーブスコーン
f0367103_12163527.jpg


(8個分)

☆薄力粉 100g
☆ライ麦粉 30g
☆塩 小1/3
☆きび砂糖 大2
☆ドライバジル 大1/2
☆ドライローズマリー 大1/2

・バター(7~8mm角に切る) 30g 

★卵 1/2個(25g)
★豆乳 大3

・ソーセージ 8本(短めのもの)

・卵 1/2個(照り出し用)
・黒胡椒 適量



1.フードプロセッサーに☆をいれ全体に混ざるように攪拌する
d0159822_21161127.jpg



2.バターをいれ、粒がなくなるまで攪拌する

3.★をいれ、まとまるまで攪拌する。
d0159822_21163656.jpg



このようにポロポロになって、指でつまんでくっつくくらいになったらOK
d0159822_21162795.jpg



4.台に出し、丸くまとめる。ラップをして冷蔵庫で1時間ほど置く。

5.オーブンシートの上に出し、厚さ1cm弱の長方形に伸ばす。

縦に8等分に切る。
d0159822_21165139.jpg


6.ソーセージの水分はキッチンペーパーなどでしっかりふき取り、5を端から
くるくる巻きつけていく。綴じ目はしっかり生地同士でくっつける。
d0159822_21164240.jpg


7.オーブンシートの上に並べ、溶き卵を塗る。
上から黒胡椒をふり、180度に予熱したオーブンで18~20分焼く。
d0159822_2117848.jpg



かんせい~
ぜひ熱々をどうぞ!
d0159822_2117257.jpg



あ、でもちゃんと目玉焼きを添えるのをお忘れなく。
d0159822_21171792.jpg



パンにも勝る、立派なあさごはんの完成だ。
d0159822_21174493.jpg


さくさくのスコーン生地に包まれたプリプリのソーセージ
チャースケ、ないてよろこぶ
d0159822_21173881.jpg



まずはそのまま お好みでマスタードをつけて
d0159822_21181864.jpg



そして~


ここからは動画風におたのしみください
d0159822_2118990.jpg



d0159822_2118428.jpg



d0159822_21183557.jpg



チャー!
d0159822_21185838.jpg


白身でくるむのが、おすすめだそうです。
(チャースケ談)




明日のあさごはんは決定!
[PR]
by mittunmittun | 2017-09-08 12:18 | レシピ | Comments(0)
グルテンフリーの自家製グラノーラ
f0367103_12422936.jpg


(作りやすい量)
★オートミール 150g
★かぼちゃの種 35g
★カシューナッツ 35g
★くるみ 25g
★そば粉 40g ※無ければ米粉でもOK
★ドライレーズン 50g
★ドライホワイトマルベリー 40g ※無ければレーズンでOK。または他のドライフルーツでも
★ドライココナッツ(チップス状のもの) 40g ※無ければココナッツロングでもOK
★スライスアーモンド 50g
★塩 小1/4

・アーモンドオイル 大3 ※他の癖のないオイルでもOK
・メープルシロップ 130g


1.ボウルに★をいれ、全体がしっかり混ざるように手で混ぜる。
d0159822_1944122.jpg


こんなかんじに
d0159822_19441180.jpg



2.オイル、メープルシロップをいれゴムベラで全体に行き渡るように
しっかり混ぜる。
d0159822_19441863.jpg


3.オーブンシートの上に②を重ならないように広げ、
130~140度に予熱したオーブンで35~40分焼く。
d0159822_19443014.jpg




4.焼けたら取り出して、冷めたら手で好みの大きさにポキポキ割る。
※普通の、細かいグラノーラにしたい人は、オーブンで焼いている途中に
1~2回かき混ぜる
d0159822_19443651.jpg



これがね、こんなに簡単なのにほんとーに旨いんだ
d0159822_19444445.jpg


おれはグラノーラは、塊になってる部分が好きなので
焼いてる途中も混ぜない。
で、固まってる部分をわざと残すのだ。そのほうが食べやすいでしょ
d0159822_19445265.jpg


でもヨーグルトやアイスにトッピングして楽しみたい、ってひとは
途中で混ぜて細かく仕上げても良いよ!
d0159822_1945256.jpg

保存は密閉容器に入れて保存。(ま、すぐ無くなるけど)



これ、材料は上記以外のものでも何でもOK。
ドライフルーツやナッツの種類を変えるだけで味わいはだいぶ変わるし、
チャヤ風にレモンなどの柑橘系の皮(ただし国産の無農薬のもの)をすりおろして
入れてもおいしい。

バニラやココアパウダーを入れてチョコ風味にするのもいいね!


ただし、レーズンは焼きすぎたりオーブンの温度が高いとすぐに焦げて
まん丸に膨らみ、苦くなってしまうので注意。
オーブンの温度はこれ以上高くならないように気をつけよう。



メープルの代わりにはちみつでもいいよ。
オイルは大1.5くらいまで減らせます。



ちょっとくらい分量が違っても全然美味しくできる。
事実、ふだんおれは目分量で作る。
けど失敗したことはないよ!

結局、自分の好きなように作れるところが自家製グラノーラのいいところ。
ぜひみなさんもおためしを~



★★★インスタグラム&ツイッターのおしらせ★★★みなさん、たくさんのフォローありがとうございます!ブログでは見られないリアルタイムなことなど色々あっぷしています。まだフォローしていないひと、インスタしてないけどやってみようとおもってるひと、どしどしフォローしてミットゥンワールドを広めてくださ~い!
d0159822_1259628.jpg

Instagram→ここをクリック!


               


★ヘイヘイ、しつこく売ってるぜい★ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ ←クリック!
d0159822_12455074.jpg

販売中だよホ~ン



★おしらせ★
レシピブログの寄せ集めレシピ本(←失礼)のサンドイッチ特集のやつに
わしのレシピが1個だけ載っているよ。まぁブログで紹介してたやつだけど。
興味ある方はぜひ!
f0367103_12272286.jpg



[PR]
by mittunmittun | 2017-09-01 12:20 | レシピ | Comments(2)
自家製ジンジャーエール
f0367103_12300532.jpg


(作りやすい量)

・しょうが 430g
・きび砂糖 400g

☆シナモン 3本
☆カルダモン(粒) 5粒
☆ローリエ(半分にちぎる) 1枚
☆レモン(スライスする) 1/2個
☆黒胡椒(粒) 8粒くらい

・水 1カップ

・炭酸 適量


1.しょうがはよく洗い、3mmくらいの厚さにスライス(またはみじん切り)する。
d0159822_12561145.jpg


2.鍋にしょうがを入れ、きび砂糖を入れて全体にきび砂糖が絡むように
手でよく和える。
さらに☆を加え、そのまま火にかけずに30分ほど置いて水分を出す。
d0159822_12562557.jpg


3.そこに水を入れ、中火にかける。煮立ったらごく弱火にし、蓋をして
20分ほど煮る。
d0159822_12563893.jpg


4.冷めたら煮沸消毒した容器に入れて冷蔵庫で保存する。
d0159822_12565063.jpg



シロップを漉してグラスにいれる。
だいたい大さじ3のシロップに対し、炭酸水を3倍量入れて
ジンジャーエールのできあがり~
d0159822_1257211.jpg



ピリッと刺激的なジンジャーエールは、市販のものにはない複雑な美味しさ!
d0159822_12571111.jpg


しょうがを効かせたい人は、スライスよりみじん切りにするほうがおすすめ。


冷たいのに、体がポカポカしてくる不思議な感じ。


このシロップ、ヨーグルトやカキ氷にかけてもうまいです。

あとおすすめは、ハイボールに入れること。

将来もし居酒屋をやるとしたら、この「ジンジャーハイボール」をウリにします。

[PR]
by mittunmittun | 2017-08-04 12:31 | レシピ | Comments(4)
こしあんサンドクッキー
f0367103_12305488.jpg
(作りやすい量)
★さらしあん 85g
★水 250g
・きび砂糖 150g

☆強力粉 100g
☆薄力粉 40g
☆重曹 小1/2

◎岩塩 2g
◎ピーナッツオイル 大4 ※他の好みのオイルでもOK
◎メープルシロップ 大3
◎水 大1
◎きび砂糖 30g


1.あんを作る。
鍋に★を入れて30分ほど置き、混ぜながら中火にかける。

d0159822_11544230.jpg

2.きび砂糖を入れ、弱火にして絶えず混ぜながら煮詰める。
水分が飛んで、ほどよい硬さになったら火からおろし
バットなどにあけて置いておく。
d0159822_11591732.jpg

d0159822_11584465.jpg


3.生地を作る。
ボウルに◎を入れ、泡だて器で混ぜ合わせる。
d0159822_11595249.jpg



4.3に☆を合わせてふるったものを入れ、ゴムべらで切るように混ぜながら
まとまってきたら手でひとまとめにする。

d0159822_1203981.jpg




5.約25cm四方くらいのジッパー付き袋に入れ、麺棒で均一の厚さに伸ばす。(約2mm厚さ)
d0159822_1212156.jpg





6.ジッパー袋を切り開いて、オーブンシートの上に
エイヤっとひっくり返して生地が割れないようにのせる。
半分に1の餡を均一の厚みに塗る。
d0159822_122286.jpg




7.餡の境目を包丁で切り、何も縫ってないほうの生地を
折りたたむように餡側の上にのせる。
のせたら、表面にラップをし、麺棒で軽くなじませるように
全体を抑える。(軽くね!)

d0159822_1224921.jpg



8.包丁で好みの大きさに切れ目をいれ、表面にフォークなどで穴をあける。
d0159822_1233511.jpg



9.160度に予熱したオーブンで20分焼き、取り出して冷ます。
切れ目を入れたところをもう一度包丁を入れて完全に切り離し、かんせい!
d0159822_12434.jpg



バターを使わないので、簡単&手軽&そして軽い食感。

d0159822_125184.jpg



あんのおかげで、少ししっとりしたクッキーだ。
d0159822_1275012.jpg




市販のこしあんでもいいと思うけど、市販のはちょっと硬いから
さらしあんで硬さを見ながら調節してつくるのがおすすめ。

(もちろん、わたしゃ豆から煮てうらごして作るわよ、
という暇人・・じゃなかった、こだわり派はそれでOK!)

[PR]
by mittunmittun | 2017-06-21 12:31 | レシピ | Comments(6)
チーザ風 濃厚チーズクラッカー

f0367103_12411827.jpg

(つくりやすい量)
☆青かびチーズ(ヴァルデオン) 50g
☆ハードチーズ(ラヴォール) 30g

★薄力粉 130g
★ベーキングパウダー 小1/3
★塩 小1/4
★黒胡椒 小1/2
★オニオンパウダー 大1
★きび砂糖 20g

・オリーブオイル 大2
・水 大2

1.フードプロセッサーに☆を適当な大きさに砕いて入れ、
ペーストになるように撹拌する
(そんなに滑らかにならなくてOK)

d0159822_19561999.jpg



2.いったん1を取り出し(洗わなくてOK)、★をいれて全体が混ざるように
撹拌する。
d0159822_195628100.jpg


3.オリーブオイルを入れてさらに撹拌し、さらさらになるまで混ざったら、1と水をいれて
さらに混ぜる。
d0159822_19563680.jpg


こんな感じになったらOK(手でつまんでまとまるくらい)
※手でつまんでもまとまらない場合は、水を少しずつ足して調節
d0159822_19564393.jpg


4.大き目のジップロックなどに入れて、厚さ2mm位に均一に伸ばす。
※ジップロックが無い場合はラップなどに挟んでやってもOK
d0159822_19565275.jpg



5.ジップロックを切り開いてオーブンシートの上に出し、
好みの幅に包丁で切れ目を入れ、170度に予熱したオーブンで10分焼く。
d0159822_195704.jpg



6.いったん取り出し、切れ目に沿って手でバラバラにほぐし、オーブンシートの上に
重ならないように並べてさらに3分ほど焼く。
※2mm以上の厚みの場合は焼き時間を少し長くする。
d0159822_19571073.jpg


ほぐした感じ
d0159822_19572022.jpg



7.焼けたら取り出して冷ましてカンセイ!
保存する場合は密閉容器に入れて、なるべく一週間以内くらいに食べきろう。
d0159822_19573937.jpg



焼いてる間から、チーズの良いにおいが部屋中に!
ああ、こりゃ絶対ウマイ!!

d0159822_19581528.jpg



こ、これはまさしくチ、チーザ!
いや、それよりずっとウマイ!!(グリコごめん)

ポイントはできるだけ薄く。(2mm)

おれも伸ばすのがへたくそのあまり、3~4mmの部分があったが
断然薄いほうがオイシイ。(厚いのもそれはそれで美味いけど)


ちなみに、これを作った後日、コンビニでチーザの原材料を見たら
なんともすごい量の添加物・・・

ウッ・・やはり手作りに限る。

驚きだったのは、チーザは小麦粉を使っていなかった!

なーるー。
たしかに、食感がホロッとしてるもんね。

まだまだこのレシピの改良探求も必要か。

チーズは、
今回使った「ヴァルデオン」は、おれの中では
青かびチーズの中でトップ3にはいるくらい好きなチーズ。

ラヴォールは羊乳のハードチーズ。結構クセがあるが、噛みしめるごとに
旨みのある、こちらも大好きなチーズだ。

もちろん、これらのチーズじゃなくても
どんなチーズで試してみても良いと思う。


ワインのおともに、ぜひどうぞ。


★★★インスタグラム&ツイッターのおしらせ★★★みなさん、たくさんのフォローありがとうございます!ブログでは見られないリアルタイムなことなど色々あっぷしています。まだフォローしていないひと、インスタしてないけどやってみようとおもってるひと、どしどしフォローしてミットゥンワールドを広めてくださ~い!
d0159822_1259628.jpg

Instagram→ここをクリック!


               


★ヘイヘイ、しつこく売ってるぜい★ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ ←クリック!
d0159822_12455074.jpg

販売中だよホ~ン



★おしらせ★
レシピブログの寄せ集めレシピ本(←失礼)のサンドイッチ特集のやつに
わしのレシピが1個だけ載っているよ。まぁブログで紹介してたやつだけど。
興味ある方はぜひ!
f0367103_12272286.jpg



[PR]
by mittunmittun | 2017-04-05 12:44 | レシピ | Comments(4)
さっぱりイチゴのレアチーズケーキ
f0367103_11571247.jpg


(16~17cm丸型1台分)※底が抜ける他タイプのものを使用

☆クリームチーズ(室温において柔らかくする) 220g
☆メープルシュガー 60g

・牛乳 100ml
・板ゼラチン 3枚(7.5g)

・レモン 1/2個
・生クリーム 100g

・タルト生地 ケーキの底型1台分 ※タルト生地の作り方はココ参照


・いちご 適量

1.タルト生地を作り、ケーキの底型の一回り大きく型抜きして焼いておく。
※生地は縮むので、だいたい型より8mmくらい大きめに抜いて焼くといい。
d0159822_17254986.jpg


2.生クリームは5分立てにする。
d0159822_17244227.jpg


3.別のボウルに☆を入れてよく混ぜる。
d0159822_17252474.jpg


4.板ゼラチンはたっぷりの水に浸して2分ほどふやかす。
牛乳を鍋に入れて沸騰直前まであたためたら火からおろし、ふやかしたゼラチンを入れて
余熱で溶かし、よく混ぜる。
※ゼラチンは高すぎる温度だとうまく混ざらないので必ず余熱で溶かすようにする
d0159822_1725473.jpg


5.粗熱が取れた4を3にいれ、泡だて器でよく混ぜる。
さらにレモン汁も種が入らないように絞って入れよく混ぜる。


6.さらに2を入れてよく混ぜる。
d0159822_1726782.jpg


7.型の内側を軽く水でぬらす。※底は濡らさない
型の底に1の生地を敷き、6を注ぎいれて表面を平に整える。

そのまま冷蔵庫で冷やし固める。
d0159822_17263318.jpg


8.ゆっくり型から出し、器に盛る。
側面に薄切りにしたイチゴをはりつけて完成!

d0159822_17244685.jpg



真っ白な生地に、赤いいちごが映えてきれいですなぁ。



しっとり滑らかで濃厚なチーズに、イチゴの甘酸っぱい酸味がよく合う。

やっぱりチーズケーキにイチゴはつきものだ。
d0159822_1727328.jpg



底の生地は厚めに焼いたほうがなんだかウレシイ食感になる。
ま、その辺はお好みで。
むしろチーズだけを味わいたい(もしくは面倒)なら底のタルト生地は無くてもOK。











★★★インスタグラム&ツイッターのおしらせ★★★みなさん、たくさんのフォローありがとうございます!ブログでは見られないリアルタイムなことなど色々あっぷしています。まだフォローしていないひと、インスタしてないけどやってみようとおもってるひと、どしどしフォローしてミットゥンワールドを広めてくださ~い!
d0159822_1259628.jpg

Instagram→ここをクリック!


               


★ヘイヘイ、しつこく売ってるぜい★ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ ←クリック!
d0159822_12455074.jpg

販売中だよホ~ン



★おしらせ★
レシピブログの寄せ集めレシピ本(←失礼)のサンドイッチ特集のやつに
わしのレシピが1個だけ載っているよ。まぁブログで紹介してたやつだけど。
興味ある方はぜひ!
f0367103_12272286.jpg



[PR]
by mittunmittun | 2017-03-23 12:02 | レシピ | Comments(2)
マスカルポーネのフルーツサンド
f0367103_12292969.jpg


(2~4人前)

・食パン 6枚 ※耳を裁ち落とす
★マスカルポーネチーズ 200g
★メープルシロップ 大1
★レモンの皮(すりおろす) 1個分 ※国産の無農薬のもの

・いちご 5個
・バナナ 1/2本
・キウイ 1/2個

1.フルーツはそれぞれ薄切りにする。

2.ボウルに★を入れてよく混ぜ合わせる。

d0159822_19305270.jpg

3.すべての食パンの片面に2を均一の厚みになるように塗る。
d0159822_19313281.jpg


4.片方にイチゴ、バナナ、キウイをそれぞれのせる。
d0159822_19313537.jpg

5.残りのパンでふたをし、好みの大きさに切って完成!!

d0159822_19314155.jpg





メープルとレモンが香る、濃厚なマスカルポーネ。


バナナ
d0159822_1931507.jpg


いちご
d0159822_19315568.jpg


キウイ
d0159822_19315985.jpg



う、うみゃい!!

トーストして冷ましたもので作ってもうまそうだなあ。

フルーツはお好みのものを。

ただ、いちごやキウイはだんだん水分が出てくるので
作ったら早めに食べよう。

メロンとかマンゴーでやるのもおいしそうだ。

全部ミックスにして豪華ミックスサンド!というのもいいかもしれぬ。


小さく切って、ウイスキーのお供にもいいですぞ。



[PR]
by mittunmittun | 2017-02-21 12:49 | レシピ | Comments(2)
ひとくちバナナシナモンパイ
f0367103_12542304.jpg


(12個分)


☆薄力粉 110g
☆全粒薄力粉 40g ※無ければ薄力粉でも可
☆塩 小1/3
☆きび砂糖 40g
・バター(1~2cm角に切る) 55g
・冷水 大2

・バナナ 1本(120gくらい)
・チョコレート 適量
・黒糖(粉末) 適量
・シナモン 適量
 

1.フードプロセッサーに☆をいれ、全体が混ざるように
ざっと混ぜる。
バターを入れ、ガッガッっと小刻みにまわし
全体がサラサラになるまでまわす。
d0159822_2048448.jpg


2.冷水をいれガーーーッと、まとまるまでまわす。
(初めはまとまらないが、だんだんまとまるので水を加えたりしないで
まわし続けよう)

このくらいにポロポロになって、手でつまんだら
くっつく位になったらOK。
d0159822_20485686.jpg


3.取り出してひとつにまとめ、30分~1時間ほど冷蔵庫で寝かす。
(どーしても面倒なら寝かさなくてもOK)

4.生地を長く筒状に伸ばし、12等分に切る。
バナナも同様に12等分に輪切りにする。
d0159822_2049759.jpg


5.台に打ち粉(小麦粉)を少々ふって、切り分けた生地を1つ
直径12~13cmくらいに丸く伸ばす。

中央にバナナをのせ、黒糖小1/2ほど、または
チョコレートをひとかけのせる。

これは黒糖バージョン
d0159822_20492365.jpg


これはチョコレートバージョン
d0159822_20493827.jpg


両側を空気がなるべく入らないように折りたたむ。
d0159822_20495285.jpg


さらに前後も折りたたみ、綴じ目を指でつまむようにとじる。
d0159822_2050590.jpg


6.綴じ目のあるほうを下にしてオーブンシートをした天板の上にのせ
フォークで表面に穴を開ける。
シナモンをうえからふりかけ、190度に予熱したオーブンで25分焼く。
d0159822_2050183.jpg


かんせい!
中が熱々を食べるもよし、冷ましてサクサクのを食べるのもよし。




熱いコーシーと一緒にどうぞ。



穴からとろけ出た黒糖、チョコレートがまたシナモンと混ざり合って
良い香り!
d0159822_20514387.jpg


中のバナナはもうトロットロ!ジャムのようだ。
さすが、バナナとチョコは黄金コンビ。
d0159822_20515475.jpg


いやいや、黒糖も負けてない。
黒蜜化した黒糖は、外側にあふれ出たとこが飴のようになって
もう、そこの食感がたまらん!



もう、ほんとにおいしいから
是非作って欲しい。
そしてやっぱり熱々を食べて欲しい。

もちろん冷めても美味いが、特にチョコなんて
トローーーっとトロけ出たトコを食べたら
幸せすぎて
もう、なんか申し訳ない気持ちにすらなってくる。

冷めたものは、ワインのツマミに。
これまたおいしい。

朝からこんな良い香りがしたら
いくら寝起きが悪いやつでも必ず起きてくるであろう。

パイやクッキーの焼ける匂いというのは
人々に幸福をもたらす。

さぁ、明日の朝はアナタの家も
幸せな香りで包んでみよう!
[PR]
by mittunmittun | 2017-01-11 12:54 | レシピ | Comments(0)
チョコバナナワッフル
f0367103_12355803.jpg



(ワッフル4個分)


《ワッフル》
☆準強力粉 120g
☆きび砂糖 50g
☆塩 小1/4
☆ベーキングパウダー 小2
・バター(1cm角切り・室温において柔らかくしておく) 30g
・卵 1個
・豆乳 大1

《トッピング》

★ココアパウダー 大2
★アガベシロップ 適量 ※メープルシロップでもOK

・バナナ 1本
・アメリカンチェリー 10個
バニラアイスなど 適量

1.ニーダーかフードプロセッサーに☆をいれ、ざっと混ぜる。
d0159822_1952959.jpg



2.卵と豆乳をいれて混ぜ、さらにバターを入れて滑らかになるまで
まぜる。



3.ワッフル用の型に薄く油(分量外)をぬり、②を1/4量づつのせる。
d0159822_19524343.jpg



4.挟んで弱火で両面3分づつ焼く。※時々開いて様子を見る
d0159822_19532883.jpg


5.チョコソースを作る。
ボウルにココアパウダーをいれ、アガベシロップを
滑らかになるまで少しずつ加えながら混ぜあわせる。
d0159822_19531141.jpg



6.バナナは1cm幅に切る。
皿にワッフルを置き、バナナとアメリカンチェリーを散らばるようにのせて
上からチョコソースをかける。
仕上にミルクアイスをのせてかんせい!
d0159822_19535832.jpg



カリカリに焼けたワッフルと、バニラアイスにチョコソース!
みるからに美味そうだ。
d0159822_19533528.jpg


ワッフルはおれ好みの固めの食感。
このままでも十分オイシーけど、やっぱりソースやフルーツがあると
ググっとゴージャスになるね。






わ~ 
キッタネェ~
d0159822_19535878.jpg



フルーツは他にもお好みのものを。何でも合うよ。


「お店風ワッフル」、ぜひみなさんもご家庭で!
[PR]
by mittunmittun | 2017-01-07 12:35 | レシピ | Comments(2)



旧ブログ「ベジタリアンミットゥンと肉食チャースケ」からの新ブログ!自称年齢性別不明のクマ人形ミットゥンが織り成すグータラ料理コラムブログへようこそ。コメント、リンク大歓迎。罵倒、クレームはNO歓迎。
by ミットゥン
タグ
(43)
(24)
(14)
(12)
(11)
(9)
(9)
(5)
(5)
(5)
(2)
(2)
(1)
カテゴリ
全体
アニメ
レシピ
コラム
お知らせ
未分類
最新の記事
絶品過ぎるカワハギのタルタル
at 2017-12-11 12:20
コラム ~どうしても許せない..
at 2017-11-22 13:20
白子とじゃがいもの巣ごもり風
at 2017-10-13 12:20
青海苔風味のオニオン&海老フライ
at 2017-10-11 12:27
クスクスサラダ
at 2017-09-28 12:19
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
検索
最新のコメント
> みーじさん おひさ..
by mittunmittun at 12:01
> sunanekoさん..
by mittunmittun at 11:57
> sunanekoさん..
by mittunmittun at 11:56
お久しぶりです。 傘の..
by みーじ at 01:42
インスタ拝見して追記です..
by sunaneko at 10:30
ミットゥンさん、ごぶさた..
by sunaneko at 07:56
> Diary-17さん..
by mittunmittun at 13:24
> おてらさん 返事が..
by mittunmittun at 13:23
> ちびさん ひじょー..
by mittunmittun at 13:21
ミットウンさん 休養な..
by Diary-17 at 00:05
ファン
ブログジャンル
画像一覧