タグ:レシピ(洋) ( 35 ) タグの人気記事
ネギと海老のパエリア
f0367103_12164885.jpg


(2人前)


《スープ》
☆海老の殻 8~10匹分
☆にんにく(包丁の背でつぶす) 1片
☆オリーブオイル 大1

・白ワイン(または酒) 1/4カップ
・水 500ml
★にんじん(適当な大きさに切る) 1本
★白ネギ(青い部分・適当な大きさに切る) 2本分
★玉ねぎ(適当な大きさに切る) 1個
★塩 小1/2
★ローリエ 1枚

・サフラン ひとつまみ ※無ければ入れなくてもOK


《パエリア》
・海老(殻はスープに使う) 8~10匹
・トマト(皮を湯剥きする) 1個
◎オリーブオイル 大1
◎にんにく(スライス) 1片

・白ネギ(白い部分・2cm幅に切る) 2本分
・白米 3/4カップ


・細ネギ(4~5cm幅に切る) 3本
・レモン(くし切り) 1/4個


①スープを作る。
鍋に☆をいれて弱火で殻がカリッと良い香りがするまでじっくり炒める
d0159822_192169.jpg


②酒を回しいれ、アルコールを飛ばし
d0159822_1921879.jpg


続いて水を入れる。中火にし、★をいれて沸騰したら火を少し弱めて
20分ほど煮る。
d0159822_1923348.jpg


③スープは漉し、温かいうちにサフランをいれて色をつける。
このとき、スープは米の倍量になるように計る。※3/4カップ×2
(スープが足りない場合、水を少し足す)
d0159822_1925135.jpg



④パエリアを作る。
直径20cmくらいのパエリヤ用の鍋か、フライパンに◎をいれて弱火にかけ
香りが立ったら湯剥きしたトマトをいれて、木ベラなどでトマトをつぶしながら炒める
※湯剥きしたほうがつぶしやすく、また口当たりもなめらかになるのでオススメ。
d0159822_19339.jpg


⑤トマトが煮詰り、汁気がなくなってきたらネギをいれて炒める。
d0159822_1931488.jpg



⑥さらに米を入れて炒たら、③のスープを入れよく混ぜる。
d0159822_1933156.jpg

d0159822_1934284.jpg


⑦そのまま弱火で5分煮る
d0159822_1935040.jpg


⑧海老を全体にのせ、
d0159822_1935926.jpg


アルミホイルで蓋をし、ごく弱火でさらに10~12分ほど煮る。
全体に均一に火が当たるように、時々コンロの上で場所をずらしながら煮ると良い

じっくり耳をすませて、ジリジリと水分がなくなるような音がしたらOK!
火を止めてそのまま10分蒸らす
d0159822_1941126.jpg



⑨仕上に黒胡椒をふり、細ネギをのせレモンを添えてかんせい!!
d0159822_194313.jpg



ワーイワーイ パエリアだ~
d0159822_1944244.jpg



海老の良いにおい!!
d0159822_1945415.jpg



パエリアってのは、このちょっと固めのご飯がいいね!

知ってる人も多いとおもうけど、米は炒める前に洗っちゃだめだよ。
洗うと余計な水分を吸ってしまうから。


スープとるのがちょっとめんどうだけど、
パエリアの美味しさはスープで決まる!
d0159822_195610.jpg


ほんとはトッピングの海老も殻ごとのせたかったけど、
今回はすべてスープ作りにご協力いただいた。

他にも、イカやアサリ、ホタテなど
定番の具をのせるのもいいね!

トマトは、缶のホールトマトで代用してもいいけど(その際は1/2缶位)
やっぱり折角旬なので、生のものを使ってほしい。

パエリアに、オニオンフライを食べながら飲むビール

・・・アッ これベルギービールだった!
[PR]
by mittunmittun | 2017-07-13 12:17 | レシピ | Comments(0)
しっとりチキンのマリネサンドイッチ
f0367103_12092618.jpg


(2人分)
・鶏むね肉 1枚(250g)

◎水:酒(1:1) 適量

・EVオリーブオイル 適量
・レモン 1/2個くらい

・レタス 6枚
・きゅうり(斜め薄切り) 1/2~1本

★粒マスタード 小さじ2
★マヨネーズ 大さじ1.5

・食パン 4枚


1.鶏肉は冷蔵庫から出し、常温に戻す。

鍋に◎を鶏肉がすべて浸かるくらいの量入れ、沸騰させる。
沸騰したところに鶏肉を入れ、すぐに蓋をして火を止める。
そのまま20分置く。
蓋を開け、そのまま5分置いて取り出したら表面の水けをぬぐって、薄切りにする。
d0159822_19331824.jpg




2.バットに薄切りにした鶏肉を並べ、全体に塩をふる。
浸るくらいのEVオリーブオイルと、レモン汁を大さじ1ほどしぼって入れる。
そのまま30分~置く。冷蔵庫で1晩置いてもOK。
d0159822_2143941.jpg



3.食パンに★を塗る。
d0159822_21431699.jpg



4.その上に鶏むね肉をならべるようにのせる。
d0159822_21432629.jpg


その上にきゅうり、レタス、
さらにまた鶏むね肉をのせる。
d0159822_21433673.jpg



5.残りのパンで蓋をして、オーブンシートかラップで包んで固定する。
d0159822_21434221.jpg




お好みの大きさに切って完成~
d0159822_21434886.jpg




余熱で火を通したしっとり胸肉を、オリーブオイルでマリネすることで
さらにしっとり、さらに濃厚な味わいに。
ここで入れた塩は、トリュフ塩にしてみるとさらに◎
d0159822_21435378.jpg




レタスはボリュームたっぷりめにいれるのがおすすめ。

ほかに、トマトとかクレソンとかスプラウトなんかの
お好みの野菜をはさんでも。


ピクニックなどでお弁当にしたら
すてきな休日に(わしゃやらんけども)

ぜひみなさんもおためしください~



★★★インスタグラム&ツイッターのおしらせ★★★みなさん、たくさんのフォローありがとうございます!ブログでは見られないリアルタイムなことなど色々あっぷしています。まだフォローしていないひと、インスタしてないけどやってみようとおもってるひと、どしどしフォローしてミットゥンワールドを広めてくださ~い!
d0159822_1259628.jpg

Instagram→ここをクリック!


               


★ヘイヘイ、しつこく売ってるぜい★ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ ←クリック!
d0159822_12455074.jpg

販売中だよホ~ン



★おしらせ★
レシピブログの寄せ集めレシピ本(←失礼)のサンドイッチ特集のやつに
わしのレシピが1個だけ載っているよ。まぁブログで紹介してたやつだけど。
興味ある方はぜひ!
f0367103_12272286.jpg



[PR]
by mittunmittun | 2017-07-06 12:11 | レシピ | Comments(0)
牛すね肉ほろほろトマトシチュー

f0367103_12223338.jpg

(約2人前)
・牛すね肉 450g
・塩麹 大1

★白ネギ(青い部分) 2本分
★しょうが(スライス) 1~2片
★水 3カップ

◎にんにく(スライス) 1変
◎オリーブオイル 大1
・玉ねぎ(クシ切り) 1個
・米茄子(1.5cm幅輪切り) 1個

・白ワイン 1/2カップ


☆トマト水煮缶(ダイスカット) 1缶
☆塩 小1
☆ブーケガルニ 1束
☆味噌 大1

■生クリーム 大3
■味の母 大1

1.牛すね肉は4~5等分に切り、塩麹を全体に揉み込んで1時間くらい置く。
d0159822_13101226.jpg


2.圧力鍋に1と★をいれ、牛すね肉がやわらかくなるまで圧をかける
(活力鍋の場合、沸騰後高圧弱火で15分、自然にピンが降りるまで自然放置。
手持ちの圧力鍋によって時間が違うので調節してください)
d0159822_13105365.jpg


3.茄子の切り口の表面に塩をしておく。
(こうすると余計な油を吸わない)
d0159822_13104584.jpg

4.鍋に◎をいれ弱火にかけ、香りがたったら玉ねぎを入れて炒める。


5.玉ねぎが透き通ったらナスを入れ、炒める。
白ワインを回しいれアルコールを飛ばす。
d0159822_1311967.jpg


6.牛すね肉と、茹で汁2カップを鍋に入れる。
d0159822_13115080.jpg


7.さらに☆をいれ、よく混ぜて蓋をし弱火で20分煮る。
d0159822_13113252.jpg



8.仕上げに■を入れ、ざっと混ぜて完成!
d0159822_13122385.jpg



器に盛って好みでイタリアンパセリなどを添えてどうぞ
(ま、うちはイタリアンパセリじゃなくてパクチーだけど・・・)
d0159822_1312358.jpg



トマトがさわやかな夏のシチュー!


すね肉はホロホロ
d0159822_13122745.jpg



汁はパンに浸して食べると至福の味です。




味噌を入れるとコクが出ます。

トマトは、今から旬なので、熟したフレッシュなものを使ってもOK。
その際は皮を湯剥きしてから入れると、口当たり滑らかに仕上がります。


是非おためしをー!





★★★インスタグラム&ツイッターのおしらせ★★★みなさん、たくさんのフォローありがとうございます!ブログでは見られないリアルタイムなことなど色々あっぷしています。まだフォローしていないひと、インスタしてないけどやってみようとおもってるひと、どしどしフォローしてミットゥンワールドを広めてくださ~い!
d0159822_1259628.jpg

Instagram→ここをクリック!


               


★ヘイヘイ、しつこく売ってるぜい★ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ ←クリック!
d0159822_12455074.jpg

販売中だよホ~ン



★おしらせ★
レシピブログの寄せ集めレシピ本(←失礼)のサンドイッチ特集のやつに
わしのレシピが1個だけ載っているよ。まぁブログで紹介してたやつだけど。
興味ある方はぜひ!
f0367103_12272286.jpg



[PR]
by mittunmittun | 2017-06-26 12:30 | レシピ | Comments(0)
マッシュポテトの生ハムロール oishii
f0367103_12222286.jpg

《2~4人前》
・じゃがいも 2個(200g)
★トリュフ塩 小1/3 ※無ければ普通の塩でOK
★黒胡椒 少々
★バター 7g
★豆乳 大1 ※または牛乳

・生ハム(薄切り) 100g
・クレソンの葉 適量
・カマンベールチーズ 適量

・黒胡椒
・EVオリーブオイル
・クレソン(飾り用) 適量

1.じゃがいもはよく洗い、皮付きのまま丸ごとやわらかくなるまでゆでる。
箸がスッと入るくらいになったらボウルに移し、
熱いうちに皮を剥き、裏ごしする。
d0159822_12155474.jpg


2.裏ごししたものに★を入れ、ゴムベラでなめらかになるように混ぜる。
(フープロなどは粘りが出てしまうので使わないこと。)
d0159822_1216442.jpg


3.2を一口サイズに丸める。
d0159822_12161797.jpg

4.その上にクレソンの葉をのせ、さらに薄切りにしたカマンベールチーズをのせる。
d0159822_12164054.jpg


5.4を生ハムで巻く。
仕上げにクレソンを全体に飾ってEVオリーブオイルをまわしかけ、黒胡椒をふって
完成!




なめらかにマッシュしたポテトがくちで溶けるおいしさ。

d0159822_12172847.jpg


生ハムの変わりにスモークサーモンでもOK。


ミニトマトなんかも一緒に巻いてもいいかもしれぬ。

上にも書いてあるが、じゃがいもはフープロなどでやると
粘りが出てしまい、丸められないのでご注意を。
ここは面倒でもがんばって裏ごしするのがポイントです。

クレソンはバジルでもいいね。
また、大葉にすると和風に、
パクチーにするとエスニックに!

お好みでアレンジを。

ミニサイズで食べやすいのでオードブルにどうぞ~



★★★インスタグラム&ツイッターのおしらせ★★★みなさん、たくさんのフォローありがとうございます!ブログでは見られないリアルタイムなことなど色々あっぷしています。まだフォローしていないひと、インスタしてないけどやってみようとおもってるひと、どしどしフォローしてミットゥンワールドを広めてくださ~い!
d0159822_1259628.jpg

Instagram→ここをクリック!


               


★ヘイヘイ、しつこく売ってるぜい★ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ ←クリック!
d0159822_12455074.jpg

販売中だよホ~ン



★おしらせ★
レシピブログの寄せ集めレシピ本(←失礼)のサンドイッチ特集のやつに
わしのレシピが1個だけ載っているよ。まぁブログで紹介してたやつだけど。
興味ある方はぜひ!
f0367103_12272286.jpg



[PR]
by mittunmittun | 2017-06-06 12:25 | レシピ | Comments(0)
イタリアンだれで食べるサムギョプサル
f0367103_12355281.jpg


《2~3人前》

☆玉ねぎ(みじん切り) 小1個
☆塩麹 大1(または塩小1/2+味の母大1)

◎とまと(粗みじん切り) 1個
◎きゅうり(5mm角に切る) 1本
◎黒胡椒 少々
◎にんにく(すりおろす) 1片
◎EVオリーブオイル 大1
◎塩漬けオリーブ(種をとってみじん切り) 5~6粒
◎ドライハーブミックス 小1 ※ドライバジルだけでもOK

・豚の3枚肉 (サムギョプサル用) 260g
・サニーレタス、生バジルの葉、クレソン 適量
・チーズ(お好みのもの、薄切りにする) 適量 ※セミハード系のモツァレラなど

1.ボウルに☆を入れよく混ぜ、10分ほど置く。

2.2に◎を入れよく和える。
d0159822_12292091.jpg

3.豚肉は1cm厚みに切り、塩、胡椒を全体にしておく
d0159822_12293472.jpg

4.フライパンにEVオリーブオイル(分量外)を少々し、豚肉を両面焼く。
焼けたら食べやすい幅に切っておく。




5.大皿に2とレタス、生バジルの葉、クレソンをたっぷり盛り、
焼けた豚肉を別添えして完成!!
d0159822_12301477.jpg





d0159822_12303182.jpg

レタスに生バジル、クレソン、チーズ、豚肉をのせ
特製トマトダレをかけ、


d0159822_123044100.jpg

くるっと巻いて豪快にがぶり


うーん、新しい味~


韓国風もいいけど、トマトのさわやかなタレもよく合う。

生バジルは必須。
言わばエゴマや大葉のような大事な薬味だからね。


脂っこい豚肉も、こうして食べれば
たっぷりの野菜が取れる。

このタレ、いろいろ使えそうだなぁ
d0159822_12311165.jpg




でも、これおなかいっぱいになりすぎて
あまり酒のツマミ向きではないかも・・・


じめじめなこれから季節にぴったりな1品。

豚肉とたっぷり野菜でパワーチャージしよう。


ぜひみなさまもおためしあれ~

[PR]
by mittunmittun | 2017-06-02 12:37 | レシピ | Comments(2)
豚足の赤ワイン煮込み oishii
f0367103_12232798.jpg



(1~2人前)
・豚足 1本(450g)
☆しょうが(スライス) 2~3片
☆白ネギ(青い部分) 2本分
・水:酒 1:1の割合で合わせたもの

・ミニトマト(半分に切る) 20個 ※または、トマト大1個を細かく切ってもOK
・にんにく(スライス) 1片
・オリーブオイル 大1/2


★赤ワイン 1/2カップ
★醤油 1/4カップ
★みりん 1/4カップ
★メープルシロップ 大1~2 ※はちみつ、アガベでも可


1.活力鍋に豚足と☆を入れて
水と酒を1:1で合わせたものを豚足が浸るくらいまで入れる。

強火で加熱すし、沸とうしてオモリが振れはじめたら、
弱火にして10分加熱。火を止めて余熱調理する
(時間は手持ちの圧力鍋によって違うので調節を。)

自然にピンが下がったら蓋を開け、ネギとしょうがは捨てる。
煮汁は1カップ弱とっておく。
d0159822_21112818.jpg



2.鍋にオリーブオイルとニンニクを入れ弱火にかけ、香りが立ったら
トマトを入れて炒める。
d0159822_21113949.jpg



3.1の豚足と、煮汁1カップ弱、★を入れて中火で煮る。
途中、アクを取りながら煮る。
d0159822_21114927.jpg



4.煮汁が1/3弱になるまで煮詰めたらかんせい!
d0159822_2112076.jpg



仕上にあればパクチーなど飾って~


d0159822_21121570.jpg


ほんとは煮たまごがあればよかったけど・・あいにく
卵不足でこの日は作れなかった。
d0159822_21122771.jpg



トロットロに煮えた豚足に、トマトのさわやかな酸味!
ちょっとくどい豚足も、これでさっぱりおいしく食べられる。
d0159822_21125960.jpg


好みで醤油の量を減らしてもっとさっぱり仕上てもOK。

さらに一緒にじゃがいもやネギなどを煮ても。



いつもの豚足
ちょっと違ったこんな食べ方で楽しんでみてはいかが!



★★★インスタグラム&ツイッターのおしらせ★★★みなさん、たくさんのフォローありがとうございます!ブログでは見られないリアルタイムなことなど色々あっぷしています。まだフォローしていないひと、インスタしてないけどやってみようとおもってるひと、どしどしフォローしてミットゥンワールドを広めてくださ~い!
d0159822_1259628.jpg

Instagram→ここをクリック!


               


★ヘイヘイ、しつこく売ってるぜい★ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ ←クリック!
d0159822_12455074.jpg

販売中だよホ~ン



★おしらせ★
レシピブログの寄せ集めレシピ本(←失礼)のサンドイッチ特集のやつに
わしのレシピが1個だけ載っているよ。まぁブログで紹介してたやつだけど。
興味ある方はぜひ!
f0367103_12272286.jpg



[PR]
by mittunmittun | 2017-05-25 12:24 | レシピ | Comments(2)
桜海老と新玉ねぎのコロッケ oishii
f0367103_12321159.jpg


(2人前)

・じゃがいも 200g
★新玉ねぎ(粗みじん切り) 1個(125g)
★塩 小さじ1/2
★黒胡椒 少々
★バター 5g
・釜揚げ桜海老 20g

・パン粉、小麦粉、溶き卵 各適量

1.じゃがいもは皮付きのまま柔らかくなるまで茹でる。

(できれば切らずに丸ごとゆでると美味しいが、時間が無ければ

適当な大きさに切って茹でると良い)



2.1がスッと箸が通るくらいになったらボウルに移し、皮をむいて

フォークなどで潰す。熱いうちに★を入れてまぜる。
d0159822_17404876.jpg


3.粗熱が取れたら釜揚げ桜海老を入れて混ぜる。
味を見て足り無ければ塩、胡椒などで調整する。
d0159822_17405963.jpg



4.5~6等分にして丸め、小麦粉→溶き卵→パン粉の順につけ、
中温の油できつね色になるまで揚げる。
d0159822_1745814.jpg


5.余分な油を切って完成!!

醤油をかけてどうぞ
d0159822_1740591.jpg



外はサクサク、中からは滑らかなジャガイモがスーと口の中に広がる。
桜海老の風味がタマリマヘン。
d0159822_17402029.jpg


このコロッケ、ベスト3といわず
今まで作った中で間違いなく一番ウマイ。

あ、おれにとってはね。

松坂牛コロッケがどうのこうの言っている人にはパンチが足りないかもね。

でもほんとに旨いんです。


桜海老ってすごいなぁ。
やっぱり怖がってる場合じゃないな。

でも新玉も桜海老も、もう旬も終わりかなぁ。

まだ手に入る人はぜひお試しを!!
[PR]
by mittunmittun | 2017-05-17 12:33 | レシピ | Comments(6)
うずら卵で目玉キッシュ
f0367103_12331688.jpg


(17cmタルト台1台分)


《タルト地》
★薄力粉 90g
★全粒薄力粉 70g
★塩 小1/2
★きび砂糖 大1 ※好みで入れなくてもOK
・オリーブオイル 大4 ※なたね油などでもOK ※角切りにしたバター30gでもOK
・水 大3 ※生地の硬さによって調節

《アパレイユ》
◎鶏卵 1個
◎牛乳 1/4カップ
◎生クリーム 1/4カップ
◎塩 小1/3

・うずら卵 9~10個

・余ったポテトサラダ 適量
・シュレッドチーズ 適量

・トリュフ塩、黒胡椒  各少々 ※あれば



1.キッシュの生地を作る。
作り方はココ参照
※空焼きのところまでやっておく

d0159822_12141343.jpg


2.ボウルに★を入れ、白身を切るように泡だて器でしっかり混ぜる。


 
3.1の空焼きしたキッシュの台に、ポテトサラダを1cm厚みになるようにしきつめる。
その上にシュレッドチーズを全体にかける。
d0159822_12144483.jpg


d0159822_1215639.jpg

4.3の上に2を注ぎ入れ、200度に予熱したオーブンで30分焼く。
d0159822_12154554.jpg



5.4を取り出し、表面を少しスプーンで剥ぎ取り、少しくぼんだ部分に
素早くうずら卵を割りいれる
すぐにオーブンに戻し、180度に下げて10分焼く。


※(うずら卵は殻を割るのに時間がかかるので、予めすべて割ったものをボウルに入れておき、
一気にキッシュの上に流し込んだほうがいい)
d0159822_122123.jpg



6.取り出して、粗熱をとる。仕上げに黒胡椒、トリュフ塩を少々かけて完成!

d0159822_12212048.jpg




どうです!このふざけた見た目のキッシュ。

うずら卵は、鶏卵よりも濃厚なので、こういった卵を推しだした料理にはぴったり。

また、余ったポテサラがいい仕事をしている。
ポテサラは、水分の少ないものを。
きゅうりとかはあんまり入らないようにしたほうがいいね。(入れてるけど)
d0159822_12213754.jpg




卵の入ったふわとろの生地に、上にはさらに卵。

にわとりさん、うずらさん、ほんとうにありがとうございます。
d0159822_1222358.jpg




ほんとはもっとうずら卵のせたかったんだけどね。






卵好きにはぜひおためしいただきたい!
[PR]
by mittunmittun | 2017-05-15 12:34 | レシピ | Comments(2)
おつまみアボカドカップ
f0367103_12211261.jpg


(2人前)

◎マグロの刺身(8mm角に切る) 60g
◎サーモンの刺身(8mm角に切る) 60g
◎きゅうり(8mm角に切る) 1/2本
◎カマンベールチーズ(こまかくちぎる) 20g
◎マッシュルーム(8mm角に切る) 小3個
◎ゆで卵(固ゆで・粗みじん切り) 1個

★マヨネーズ 大1.5
★無糖ヨーグルト 大1
★粒マスタード 小1
★アップルビネガー 小1
★塩 小1/3
★黒胡椒 少々
★EVオリーブオイル 大1

・アボカド 1個


1.ボウルに★を入れ、よく混ぜ合わせる。
d0159822_224689.jpg


2.そこに◎をいれよく和える。
d0159822_2243928.jpg


3.半分に切って種を抜いたアボカドのくぼみに2を詰め
仕上げにEVオリーブオイルと黒胡椒(共に分量外)を少々かけて完成!



チョー簡単、和えるだけのアボカドタルタル。

食べるときは、アボカドごとスプーンでほじって
具と一緒にどうぞ!


f0367103_12211515.jpg


アボカドとマグロとサーモンなんて、女子供のための組み合わせのようだが
まぁうまいのでしょうがない。

マヨネーズの量を減らして、ヨーグルトでさっぱりヘルシーに!

玉ねぎのみじん切りとか入れてもいいね。
d0159822_2251169.jpg

そのままはもちろん、バゲットなどのパンとたべるもおすすめです。

ぜひおためしあれ~
[PR]
by mittunmittun | 2017-05-03 12:30 | レシピ | Comments(0)
のれそれのコンフィ
f0367103_12324443.jpg


(2人前)
・のれそれ(アナゴの稚魚) 90g ※生のもの
・EVオリーブオイル 適量
◎塩 ひとつまみ~
◎レモン汁 小1/2 ※フレッシュなもの
◎にんにく(薄切り) 1/2片


・菜の花 60g
・塩 適量



・バゲット 適量


1.菜の花は1分半~2分ほど塩湯でして、ざるにあけ
氷水をはったボウルに入れてぎゅっと水気をしぼり、3cm幅に切っておく
d0159822_12235280.jpg



2.のれそれはキッチンペパーなどの上にひろげ、表面の余分な水分をとる
d0159822_12232713.jpg


3.小さめの耐熱容器に2を入れ、全体がかぶるくらいにEVオリーブオイルを入れる。
◎も入れてごく弱火にかける。
沸騰してのれそれが白くなったらすぐに火からおろす(ふつふつしてから、約1分半くらい)
d0159822_12233942.jpg



4.皿に菜の花と一緒にのせ、黒胡椒を上からふって完成!
バゲットを添えてどうぞ。



生でのどごしを味わうのれそれ

火を通すと、こんなにも別物になるのか、という味わい。

d0159822_12242222.jpg




まずはそのまま~

このままでも十分酒の肴ですが


ぜひ菜の花と一緒にバゲットにのせてー
d0159822_12243736.jpg



火を通しすぎない、ふんわり仕上がったら大成功。


オリーブオイルは美味しいエキストラヴァージンのものを。




春が旬ののれそれ

見つけたらぜひおためしあれ!



★★★インスタグラム&ツイッターのおしらせ★★★みなさん、たくさんのフォローありがとうございます!ブログでは見られないリアルタイムなことなど色々あっぷしています。まだフォローしていないひと、インスタしてないけどやってみようとおもってるひと、どしどしフォローしてミットゥンワールドを広めてくださ~い!
d0159822_1259628.jpg

Instagram→ここをクリック!


               


★ヘイヘイ、しつこく売ってるぜい★ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ ←クリック!
d0159822_12455074.jpg

販売中だよホ~ン



★おしらせ★
レシピブログの寄せ集めレシピ本(←失礼)のサンドイッチ特集のやつに
わしのレシピが1個だけ載っているよ。まぁブログで紹介してたやつだけど。
興味ある方はぜひ!
f0367103_12272286.jpg



[PR]
by mittunmittun | 2017-04-27 12:34 | レシピ | Comments(4)



旧ブログ「ベジタリアンミットゥンと肉食チャースケ」からの新ブログ!自称年齢性別不明のクマ人形ミットゥンが織り成すグータラ料理コラムブログへようこそ。コメント、リンク大歓迎。罵倒、クレームはNO歓迎。
by ミットゥン
タグ
(35)
(21)
(11)
(11)
(10)
(9)
(8)
(5)
(5)
(4)
(1)
(1)
(1)
カテゴリ
全体
アニメ
レシピ
コラム
お知らせ
未分類
最新の記事
プリプリ海老の冷やしワンタン
at 2017-07-20 12:27
エスニック香る・・・チキンカ..
at 2017-07-19 12:25
ネギと海老のパエリア
at 2017-07-13 12:17
甘夏ピール
at 2017-07-12 12:06
白ゴーヤのナムル
at 2017-07-07 12:12
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
検索
最新のコメント
> うりさん ありがと..
by mittunmittun at 12:44
> Kumasakiさん..
by mittunmittun at 12:35
ミットゥンお久しぶりー。..
by Kumasaki at 22:42
> sunanekoさん..
by mittunmittun at 12:28
> はにゃさん ありが..
by mittunmittun at 12:28
> uraranさん ..
by mittunmittun at 12:27
ミットゥンさん、こんばん..
by sunaneko at 20:24
ミットゥンさんへ ..
by はにゃ at 22:45
久々の更新、しかも久々の..
by uraran at 19:48
> yamatoyome..
by mittunmittun at 12:28
ファン
ブログジャンル
画像一覧