カテゴリ:レシピ( 94 )
絶品過ぎるカワハギのタルタル oishii
f0367103_12162525.jpg


(約2人前)
・カワハギ(刺身用の新鮮なもの) 大1尾(正味90~100g)

・カワハギの肝 40g

☆粒マスタード 小2
☆フレンチマスタード 小1
☆バルサミコ酢 小1/2 
☆アンチョビ 2切れ(約9g)
☆タバスコ 小1/4
☆にんにく 1片

・甘酢ラッキョウ(みじん切り) 5個

・あさつき(小口切り) 適量
・ピンクペッパー(粒) 4~5粒 ※無くてもOK

1.カワハギは捌いて身を3枚おろしにする。
(これで正味95gでした。)
1cm角切りにする。
d0159822_20411296.jpg



2.肝は丁寧に洗い、水気をしっかりふき取る。
(この大きさで約40g)
d0159822_20355299.jpg


3.フープロに肝と☆をいれ、ペーストにする。
d0159822_203617100.jpg



4.ボウルに3をいれ、ラッキョウと1の身を入れて良く和える。
d0159822_203612100.jpg



6.器の上にセルクルに置き4をいれ、ゆっくりとセルクルを抜く。
d0159822_20363464.jpg



7.仕上げにピンクペッパー、あさつきをちらして完成!


来たで来たで。
かわはぎさんの季節が。

毎年、大好きなシェフの店でも定番となっているカワハギタルタルの

自宅で限界再現バージョンです。


カワハギに、わざわざフレンチマスタードも買って(うちは粒しかないから)
材料費1800円。
カルナヴァルで食うより高いやんか。泣
d0159822_20365027.jpg



だいたいカワハギが高すぎんよ。
煮付け用はさらに一回り大きいサイズで、1尾580円なのにさ。


でもでもこれが!

一口食べればそんなことどうでもなるくらいにふっとんだ!
d0159822_20364184.jpg

カルナバルとちょっと違うけど、遠くない!

うまい!うますぎる!!


あ~カワハギの価値は、ほとんどこの肝にあるんだろうな。

もちろん身もおいしいけど、
この値段でこれっぽっちの白身なら、真鯛やひらめのほうがずっと安い。
でも真鯛もひらめも、こんなおいしい肝を持っていない。
肝こそ、カワハギの醍醐味だ。

今まで、カワハギと言えば肝醤油和えが一番の食べ方だと思っていた。
それを覆されたこの1品。

ちょっと高いけど、刺身用のカワハギを探して試す価値は絶対あり。

冬場の、肝があるこの時期しか食べられない貴重な1品!


あと、できればバルサミコはおいしいものを。
このバルサミコなら、十分なほど甘みも濃度もあるが、
サラサラした安いバルサミコを使う場合は、フライパンで熱して
少しとろみがつくくらい煮詰めたものを使おう。


なるべく大きいカワハギを買おう。
(というか、ポイントは大きい肝だ)


ちなみに、一昨日久々にシェフんところ行ったけど

くそ忙しそうだった。

師走だね。



[PR]
by mittunmittun | 2017-12-11 12:20 | レシピ
白子とじゃがいもの巣ごもり風
f0367103_12181764.jpg


(2人前)

・タラの白子 100g
・生わかめ 適量
・じゃがいも 2個(240g)
・小麦粉 大さじ1.5
・トリュフ塩 適量
・EVオリーブオイル 大さじ3~

★ポン酢 大さじ1
★EVオリーブオイル 小さじ1
★黒胡椒 適量

・あさつきまたは細ねぎ 適量



1.タラの白子は適当な大きさに切る。
全体に軽くトリュフ塩をしておく。


2.じゃがいもは皮を剥いて千切りにして、ポリ袋に入れ小麦粉を全体的に均等にまぶしておく。
d0159822_21185061.jpg



3.EVオリーブオイルを大さじ3ほど、小さめのフライパンに入れ熱し
そこに2のじゃがいもを半量広げる。
ここにトリュフ塩をしっかりめにしておく。


4.その中央上に生わかめ、タラの白子をのせる。
d0159822_2118574.jpg



5.残りの2のじゃがいもで覆い、さらにトリュフ塩をわりとしっかり目にふっておく。
蓋をして弱めの中火でじっくり焼く。
d0159822_211959.jpg




6.焼き面が狐色になって固まったらいったん皿にすべらすように取り出す。
フライパンに油を適量足して、取り出したものをひっくりかえすようにして焼く。
d0159822_21191499.jpg

d0159822_21191885.jpg


7.焼き色が付いたら皿に盛り、あさつきか細ねぎを飾る。
★を混ぜ合わせたものをお好みでかけてどうぞ!
d0159822_21195825.jpg


まずはなにもかけずにひとくち。


タラがとろ~ととろけて、ソースのような滑らかなくちあたり。

なにもかけない場合は、塩分(トリュフ塩)をわりと効かせてね。
d0159822_21194665.jpg


味にあきたら、★のポン酢オイルでさっぱりと!
d0159822_21195229.jpg



じゃがいもの千切りはなるべく細めに切ると、さくっとしたところが多くなっておいしいです。
d0159822_21194163.jpg


簡単なのでぜひおためしあれ~
[PR]
by mittunmittun | 2017-10-13 12:20 | レシピ
青海苔風味のオニオン&海老フライ oishii
f0367103_12254954.jpg


(2人前)

・玉ねぎ 1/2個
・海老 8尾

・小麦粉 80g
☆片栗粉 大2
☆塩 小1/2
・炭酸水(冷たいもの) 100g
 

★青さ海苔(乾) 大3
★パン粉 1カップ
★パルミジャーノチーズ(すりおろす) 20g
 




1.★は合わせてしっかり混ぜておく
d0159822_2053488.jpg


2.玉ねぎは繊維を断つ様に1cm輪切りにし、バラバラにほぐしておく。
海老は殻を剥き、背に包丁を入れ背ワタをとっておく。
d0159822_2053533.jpg


3.ポリ袋に小麦粉を入れ、2をいれて全体に粉をまぶす。
余分な粉はポリ袋のなかではたいて、バットにあけておく


d0159822_20532976.jpg



4.3の余った粉をボウルにあけ、☆をいれて泡だて器でざっと混ぜる。
炭酸水を少しずついれ、滑らかになるまで混ぜる。
d0159822_20525064.jpg



5.粉のついた玉ねぎ、海老を4にくぐらせ、1をしっかりまぶしつける。
d0159822_20542892.jpg



6.中温の油でカラッと、きつね色になるまで揚げる
d0159822_20543849.jpg



7.しっかり油をペーパーの上で切り、器に盛る。あれば好みでレモンをそえて完成!
d0159822_20545148.jpg



ビールだビールだ!

これは絶対アツアツのを頬張ってほしい!



レモンをしぼって~
d0159822_20552698.jpg



ホホー!

サクサクの衣に、青さ海苔とチーズの風味がいっぱい!
ウマー!!!!
d0159822_20553946.jpg



玉ネギ、甘い!小さいのはカリカリで、お菓子みたいだ。
d0159822_20561124.jpg


海老もプリプリですなぁ。
d0159822_2056247.jpg


好みでソースやタルタルをつけてもいいけど、
衣にしっかり味がついてるのでそのままで十分美味しい。


自家製オニオンフライがこんなに旨いとは。
揚げたてを食えるのも、手作りの特権だね。
[PR]
by mittunmittun | 2017-10-11 12:27 | レシピ
クスクスサラダ
f0367103_12103025.jpg


(2人前)

・クスクス 1/2カップ
・熱湯 1/2カップ
・塩 少々
・オリーブオイル 大1

☆玉ねぎ(8mm角に切る) 1個
☆塩麹 大1

★トマト(8mm角に切る) 1個
★きゅうり(8mm角に切る) 1本
★茹で海老 15尾
★パクチー(みじん切り) 4束
★ナンプラー 大2/3
★アップルビネガー 小1
★にんにく(すりおろす) 小1/2
★黒胡椒 少々


・豚挽き肉(あらびき) 70g
◎ナンプラー 小1
◎豆板醤 小1/2
◎黒胡椒
 

1.ボウルにクスクスをいれ、熱湯を注いでざっと混ぜて
ラップなどで蓋をして10分ほど置いておく。

10分ほどたったら塩、オリーブオイルを入れてかきまぜておく。
d0159822_17294689.jpg


2.豚挽き肉は茹でてザルにあけ、水気を切ってボウルに入れる。
◎でよく和えておく。
d0159822_17293235.jpg



3.ボウルに玉ねぎを入れて塩麹でよくあえ、15分ほど置く。
d0159822_1729810.jpg



4.そこに★を入れよく和えたら、さらに1を入れてよく混ぜる。
d0159822_17301034.jpg


5.さらに冷めた2を入れてよく混ぜる。
d0159822_17303327.jpg



6.器に盛って完成!

クスクスは時間が経つとどんどん水分を吸ってぐしょぐしょになってしまうので、
出来れば作ったら早めに食べたほうがいい。
d0159822_1731368.jpg



ピリッとスパイシーなサラダは、このきせつにうってつけ!
d0159822_17302361.jpg



豚肉無しで作ってもおいしいし(その場合、◎は直接混ぜ込む)、
ゆで卵を入れるのもおすすめ。

お好みで色々アレンジシテネ!

[PR]
by mittunmittun | 2017-09-28 12:19 | レシピ
自家製パンチェッタ


f0367103_12334466.jpg

(2本分)


・豚バラブロック肉 2本(700g×2本)
・粗塩 56g(肉の重さの4%分)
・黒胡椒 大1
・ドライタイム 大1


1.豚肉に、1本あたり28gの塩を満遍なくまぶしつける。

d0159822_1946179.jpg


2.バットに足つきの網をのせてその上に肉を置く。ラップをかぶせて2キロの重しをする。
このまま冷蔵庫で3日置く。
(うちは、重石代わりに2キロの小麦粉をのせてやりました)
d0159822_19463059.jpg


3.3日後・・・こんな感じで水分が少し抜けてしまった感じに。
バットにもだいぶ水分が出てきている。


d0159822_19465369.jpg

表面の水分をキッチンペーパーなどで拭き、黒胡椒をタイムを表面にまぶしつける。
d0159822_1947976.jpg


4.脱水シートで包んで、輪ゴムでとめて
ジップロックなどに入れて冷蔵庫で3日置く。
d0159822_19472380.jpg


5.3日後、脱水シートを取り替える。
その後は4~5日置きに脱水シートを取り替え、1ヶ月後に完成!



1ヶ月たったのがこちら!
ほとんど水分が抜けて、しっかりパンチェッタに!
d0159822_19435793.jpg



中もみっしりしている。
d0159822_19442983.jpg



すごいなぁ~ピチットスーパーのすごさを思い知る。
こんなに脱水しちゃうん。

家でもパンチェッタが出来るとは驚き。

パスタやオムライスなど。





[PR]
by mittunmittun | 2017-09-20 12:37 | レシピ
ペンネの濃厚カルボナーラ
f0367103_12263045.jpg


(2人前)


☆生クリーム 30ml
☆牛乳 20ml
☆卵黄 2個
☆モッツァレラチーズ(セミハードのもの) 50g
☆塩 ふたつまみ
☆黒胡椒 少々

・生ハム 適量
・フライドオニオン適量


・ペンネ(乾燥) 150gくらい



1.ペンネは表示時間より気持ち短くゆでる。
d0159822_2048395.jpg



2.ボウルに☆を入れよく混ぜる(チーズは細かく切る)。湯せんにかけ、とろみが出るまで混ぜる。
d0159822_20473042.jpg



3.茹でたペンネを入れ、手早く和える。この間も湯せんして混ぜるが、とろみが十分ついているなら湯せんからはずして和える。
d0159822_20481149.jpg


全体に合わさったら、生ハムをちぎっていれまたよく和える。
味を見て塩味を調整する。
d0159822_20483849.jpg


4.器に盛り、フライドオニオンをかける。
d0159822_20482133.jpg



さらにお好みの量の生ハムをのせ、黒胡椒を多めにかけてかんせい~




普通カルボナーラは、カリカリに焼いたベーコンを入れるが
今回は生ハムなので、カリッとした食感担当をフライドオニオンにやっていただいた。

d0159822_2049068.jpg



いつもは生クリームを入れないが、今日は余っていたこともあり、
生クリーム入りで。
やぱり濃厚~

もちろん、牛乳でやってもOKです。


つまみ用にペンネにしたけど、もちろん普通のパスタでOKです。
d0159822_2049542.jpg




ちなみに、これにチーズをかけてオーブンでやいてパスタグラタンにするのもうましです。
d0159822_21145633.jpg



ぜひおためしあれ~
[PR]
by mittunmittun | 2017-09-15 12:25 | レシピ
カリカリ生地のブルーベリーシュークリーム
f0367103_12161383.jpg


(4個分)


《カスタードクリーム》
◎卵 1/2個
◎卵黄 1個
★和三本糖 50g
★薄力粉(ふるう) 20~25gくらい 
★牛乳 250g
・バニラエクストラクト 大1 ※ラム酒でも良い
・バター 大1


《シュー皮》
☆バター 30g
☆牛乳 30g
☆水 30g
☆きび砂糖 小1
☆塩 ふたつまみ
・薄力粉(ふるう) 30g
・卵 1+1/2個



・へーゼルナッツ(細かく刻む) 適量 ※ほかの好みのナッツでもOK
・ブルーベリー(生) 適量



1.カスタードをつくる。
鍋に★をいれてよく混ぜ合わせ、弱火にかける。
混ぜながら加熱し、とろみが出て重くなってくるまで混ぜ続ける
d0159822_1914342.jpg



2.十分にとろみが出たら火からおろし、バターを入れて余熱で溶かしまぜる。
粗熱が取れるまで置き、バニラエキストラクトをいれてよくまぜる。
d0159822_19144159.jpg



3.表面にぴっちりラップをはって、冷蔵庫で冷やしておく
d0159822_19144841.jpg



4.シュー皮を作る。
★を鍋に入れて弱火にかけ、バターを溶かす。
d0159822_19134240.jpg



5.バターが溶けたら薄力粉をいれて木へらで一気にかきまぜる
※手を休めないこと!
d0159822_19135981.jpg


このくらいにまとまったらボウルに移す。
d0159822_19135789.jpg


6.よく混ぜ合わせた◎を少しづつ加え、そのつどよく混ぜる。
d0159822_19141491.jpg



このくらいに木べらですくって、三角形にゆっくり落ちるくらいの硬さになったらOK
(なので、卵は一気にいれずに様子を見ながら調節しよう。
この分量であまる場合もあるし、足りない場合もある)
d0159822_19141279.jpg


7.絞り袋にいれ、丸く搾り出す。
だいたい直径4cmくらい。

絞って先のとがった部分は、指に水をつけて軽く抑えてなじませよう
d0159822_19142993.jpg



8.細かく刻んだナッツをのせ、スチームオーブンで焼く
※スチームオーブンがない場合は、生地に霧吹きで水をかけ
180度に予熱したオーブンで35~40分ほど焼く
d0159822_1914269.jpg


9.焼きあがったら冷まし、蓋のほうを切り取る
d0159822_19171813.jpg


中の白い膜のようなものを指でつまんで取り除く。
(クリームがいっぱい入るようにするため)
d0159822_19172730.jpg


10.3のクリームをたっぷりいれ、上にブルーベリーをかざって完成!

d0159822_19134161.jpg

うーまーそー



クリームがとろとろ!

おれはこういうゆるめのクリームのほうが好きだ。
d0159822_19181063.jpg


もうちょっと固めのがお好みの方は、薄力粉を30~35gくらいにしてくれ。

バニラエキストラクトじゃなく、バニラビーンズがある場合はもちろんそっちを
つかってね。

チャースケは豆乳で作ったクリームは食ってくれないので
今回は牛乳で作ったが、そのへんはお好みで。
もちろん豆乳でもできるよ。


ブルーベリーのほかにも、旬のフルーツでいろいろお試しを!

[PR]
by mittunmittun | 2017-09-14 12:14 | レシピ
卵とソーセージのそば粉ガレット
f0367103_11585515.jpg

(4枚分)

☆そば粉 70g
☆薄力粉 30g
☆塩 ふたつまみ 
・水 1カップ
・卵 1個

《トッピング》
・卵 
・ソーセージなど(薄切りにする)
・塩、胡椒 各少々
・ブリーチーズ 適量 ※好みのチーズでOK
・ベビーリーフ 適量
・オリーブオイル 適量


1.ボウルに☆をいれて泡だて器でざっとまぜる。




2.水をすこしづついれ混ぜる。
d0159822_21525651.jpg


3.さらに溶き卵をいれてなめらかになるまで混ぜる
※写真はそのまま卵をぶっこんでますが、ちゃんと余裕のあるひとは
別で溶きほぐしてからまぜるとダマになりにくい

よく混ざったらラップなどをして冷蔵庫で1時間以上休ませる。
d0159822_21525098.jpg


4.フライパンに薄く油をぬり、中火にかける。フライパンがあたたまったら3のタネを
適量流しいれ薄く広げる。
ごく弱火にし、表面が乾いてきたら卵を割りいれ、卵の殻を使って白身が全体にいきわたるように
白身を伸ばす。
さらにブリーチーズを適当な大きさに切ってのせる。
d0159822_21531079.jpg


5.さらにソーセージなどをちらし、塩・胡椒を全体にふる。
ごく弱火でじっくり焼く。
d0159822_2153847.jpg


6.白身が固まってきたら上下左右を折る。
d0159822_21532750.jpg


7.皿に盛り、上にベビーリーフをのせる。仕上にオリーブオイルをまわしかけ
黒胡椒をふってカンセイ!
d0159822_21533289.jpg



クレープ、というと腹の足しにもならなそうな感じだが
ガレット、というと途端に食事になる。




緑をかきわけると・・・

キターー!!!
d0159822_21535184.jpg



トロトロに溶けたチーズに、ほどよく焼けた白身

ああ、いますぐ黄身をつぶしてくれ!!




・・ね、ねぇ、チャースケ

はやく黄身つぶしてよ


いつになったら潰すのさ?





d0159822_2154846.jpg



と思ってたら・・・

d0159822_21542999.jpg
こいつは目玉焼きを必ずこうして黄身を残し
最後に丸呑みするのだ。


全くもっておれには理解不能だ。

黄身をつぶして絡めるのが旨いのに。

しかし、チャースケ論によると
目玉焼きの黄身の丸呑みは、この世で一番おいしい黄身の食べ方だそうだ。

だまされたと思って1度やってみたら・・・・


気になる方は1度お試しを。


《おまけ》

あまったガレットの皮は、こうやってプレーンで焼いておやつにしても。

d0159822_215431100.jpg


小豆餡+ミルクアイス+メープル


タマランチン!




★★★インスタグラム&ツイッターのおしらせ★★★みなさん、たくさんのフォローありがとうございます!ブログでは見られないリアルタイムなことなど色々あっぷしています。まだフォローしていないひと、インスタしてないけどやってみようとおもってるひと、どしどしフォローしてミットゥンワールドを広めてくださ~い!
d0159822_1259628.jpg

Instagram→ここをクリック!


               


★ヘイヘイ、しつこく売ってるぜい★ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ ←クリック!
d0159822_12455074.jpg

販売中だよホ~ン



★おしらせ★
レシピブログの寄せ集めレシピ本(←失礼)のサンドイッチ特集のやつに
わしのレシピが1個だけ載っているよ。まぁブログで紹介してたやつだけど。
興味ある方はぜひ!
f0367103_12272286.jpg



[PR]
by mittunmittun | 2017-09-13 12:01 | レシピ
ぐるぐるハーブスコーン
f0367103_12163527.jpg


(8個分)

☆薄力粉 100g
☆ライ麦粉 30g
☆塩 小1/3
☆きび砂糖 大2
☆ドライバジル 大1/2
☆ドライローズマリー 大1/2

・バター(7~8mm角に切る) 30g 

★卵 1/2個(25g)
★豆乳 大3

・ソーセージ 8本(短めのもの)

・卵 1/2個(照り出し用)
・黒胡椒 適量



1.フードプロセッサーに☆をいれ全体に混ざるように攪拌する
d0159822_21161127.jpg



2.バターをいれ、粒がなくなるまで攪拌する

3.★をいれ、まとまるまで攪拌する。
d0159822_21163656.jpg



このようにポロポロになって、指でつまんでくっつくくらいになったらOK
d0159822_21162795.jpg



4.台に出し、丸くまとめる。ラップをして冷蔵庫で1時間ほど置く。

5.オーブンシートの上に出し、厚さ1cm弱の長方形に伸ばす。

縦に8等分に切る。
d0159822_21165139.jpg


6.ソーセージの水分はキッチンペーパーなどでしっかりふき取り、5を端から
くるくる巻きつけていく。綴じ目はしっかり生地同士でくっつける。
d0159822_21164240.jpg


7.オーブンシートの上に並べ、溶き卵を塗る。
上から黒胡椒をふり、180度に予熱したオーブンで18~20分焼く。
d0159822_2117848.jpg



かんせい~
ぜひ熱々をどうぞ!
d0159822_2117257.jpg



あ、でもちゃんと目玉焼きを添えるのをお忘れなく。
d0159822_21171792.jpg



パンにも勝る、立派なあさごはんの完成だ。
d0159822_21174493.jpg


さくさくのスコーン生地に包まれたプリプリのソーセージ
チャースケ、ないてよろこぶ
d0159822_21173881.jpg



まずはそのまま お好みでマスタードをつけて
d0159822_21181864.jpg



そして~


ここからは動画風におたのしみください
d0159822_2118990.jpg



d0159822_2118428.jpg



d0159822_21183557.jpg



チャー!
d0159822_21185838.jpg


白身でくるむのが、おすすめだそうです。
(チャースケ談)




明日のあさごはんは決定!
[PR]
by mittunmittun | 2017-09-08 12:18 | レシピ
グルテンフリーの自家製グラノーラ
f0367103_12422936.jpg


(作りやすい量)
★オートミール 150g
★かぼちゃの種 35g
★カシューナッツ 35g
★くるみ 25g
★そば粉 40g ※無ければ米粉でもOK
★ドライレーズン 50g
★ドライホワイトマルベリー 40g ※無ければレーズンでOK。または他のドライフルーツでも
★ドライココナッツ(チップス状のもの) 40g ※無ければココナッツロングでもOK
★スライスアーモンド 50g
★塩 小1/4

・アーモンドオイル 大3 ※他の癖のないオイルでもOK
・メープルシロップ 130g


1.ボウルに★をいれ、全体がしっかり混ざるように手で混ぜる。
d0159822_1944122.jpg


こんなかんじに
d0159822_19441180.jpg



2.オイル、メープルシロップをいれゴムベラで全体に行き渡るように
しっかり混ぜる。
d0159822_19441863.jpg


3.オーブンシートの上に②を重ならないように広げ、
130~140度に予熱したオーブンで35~40分焼く。
d0159822_19443014.jpg




4.焼けたら取り出して、冷めたら手で好みの大きさにポキポキ割る。
※普通の、細かいグラノーラにしたい人は、オーブンで焼いている途中に
1~2回かき混ぜる
d0159822_19443651.jpg



これがね、こんなに簡単なのにほんとーに旨いんだ
d0159822_19444445.jpg


おれはグラノーラは、塊になってる部分が好きなので
焼いてる途中も混ぜない。
で、固まってる部分をわざと残すのだ。そのほうが食べやすいでしょ
d0159822_19445265.jpg


でもヨーグルトやアイスにトッピングして楽しみたい、ってひとは
途中で混ぜて細かく仕上げても良いよ!
d0159822_1945256.jpg

保存は密閉容器に入れて保存。(ま、すぐ無くなるけど)



これ、材料は上記以外のものでも何でもOK。
ドライフルーツやナッツの種類を変えるだけで味わいはだいぶ変わるし、
チャヤ風にレモンなどの柑橘系の皮(ただし国産の無農薬のもの)をすりおろして
入れてもおいしい。

バニラやココアパウダーを入れてチョコ風味にするのもいいね!


ただし、レーズンは焼きすぎたりオーブンの温度が高いとすぐに焦げて
まん丸に膨らみ、苦くなってしまうので注意。
オーブンの温度はこれ以上高くならないように気をつけよう。



メープルの代わりにはちみつでもいいよ。
オイルは大1.5くらいまで減らせます。



ちょっとくらい分量が違っても全然美味しくできる。
事実、ふだんおれは目分量で作る。
けど失敗したことはないよ!

結局、自分の好きなように作れるところが自家製グラノーラのいいところ。
ぜひみなさんもおためしを~



★★★インスタグラム&ツイッターのおしらせ★★★みなさん、たくさんのフォローありがとうございます!ブログでは見られないリアルタイムなことなど色々あっぷしています。まだフォローしていないひと、インスタしてないけどやってみようとおもってるひと、どしどしフォローしてミットゥンワールドを広めてくださ~い!
d0159822_1259628.jpg

Instagram→ここをクリック!


               


★ヘイヘイ、しつこく売ってるぜい★ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ ←クリック!
d0159822_12455074.jpg

販売中だよホ~ン



★おしらせ★
レシピブログの寄せ集めレシピ本(←失礼)のサンドイッチ特集のやつに
わしのレシピが1個だけ載っているよ。まぁブログで紹介してたやつだけど。
興味ある方はぜひ!
f0367103_12272286.jpg



[PR]
by mittunmittun | 2017-09-01 12:20 | レシピ



旧ブログ「ベジタリアンミットゥンと肉食チャースケ」からの新ブログ!自称年齢性別不明のクマ人形ミットゥンが織り成すグータラ料理コラムブログへようこそ。コメント、リンク大歓迎。罵倒、クレームはNO歓迎。
by ミットゥン